白ロムで安くスマホを買う方法 格安SIMカードとの併用で月額料金も大幅低減

iPhoneやAndroidなどスマホの買取を行っている店舗や中古スマホを販売している店舗などでもよく見かけることが多い言葉が”白ロム”です。

「中古スマホを買ってみたい」、「自分のスマホを買取に出したい」そう考えた時に白ロムという言葉が出てきてしまうと、戸惑ってしまう方も多いかと思います。

スマホ買取店でよく見かける白ロムとは?

白ロムという言葉は、電話番号が書かれていない携帯電話(スマートフォン)のことを指す言葉となっています。

これはスマートフォンの中に入っているSIMカードという、メールアドレスや電話番号など端末認証するための個人情報が詰まっている記録カードが入っていない状態のスマートフォンのことを指す言葉です。

SIMカードが抜かれているスマートフォンは、携帯キャリア会社との契約が解約されている端末本体であるため、中古で購入した場合でも再度携帯キャリアと契約を行うなどしなければ、電話番号やキャリアアドレスを手に入れることができません。

しかしWi-Fiなどインターネットに繋げることができるものがあれば、アプリやフリーメールなどをスマートフォンに入れることができるため、ストレスなく使用することも可能となっています。

日頃から「あまり電話番号を使った通話は、せずに無料通話アプリを使用して通話はする」という方や「メールもあまりしないがラインはする」などという方は、白ロムを中古で購入して、Wi-Fiなどに繋いで使用する場合の方が月額の値段が安くスマホを維持し、使用することができるようにもなるといわれています。

白ロムの購入とSIMカードの交換

1748_2

白ロムは基本的には、中古で購入をすることが日本では主流となっていましたが最近ではiPhone6の白ロムが新品の状態でアップルストアより販売されるなどしているため、新品の白ロムも手に入れることが可能なものとなりました。

また白ロムというと「使い方が難しいのでは?」と思われがちですが実は意外と白ロムでも使い方が簡単で初心者の方でも手軽に使用することができるものとなっています。

例えば現在契約中のスマートフォンがあるが、いま持っているスマートフォンよりも新しいタイプの機種に機種変をしたいと考えた場合、中古の白ロムを購入し、SIMカードを入れ替えるだけで手軽にそのままスマートフォンを自分のモノにすることが可能となります。

SIMカードは入れる場所もとてもわかりやすい場所にあります。

1748_3

もしわからなかった場合はスマホの買取を行った業者などに問い合わせることも可能ですので、安心して中古の機種を購入することができるといえるでしょう。

SIMカードがなかった場合でもWi-Fiがあれば、SIMカードを入れずに手軽に使用することが可能です。

現在分割払いの最中でスマホの機種変をしたいが、残金を払っている最中で新しい機種にするのには、一括で前の機種の残金を払わなければならないことから、新しい機種になかなかすることができずに苦しい思いをしている方などは、白ロムを購入することで手軽に自分が使ってみたいと思う機種を低価格で購入し、使うことができるため、とても経済的で有効といえるでしょう。

最近は格安SIMカードもたくさん出ていますので、白スマホ + 格安SIMカードでかなりお得にスマホを利用することができます。

白ロムで安くスマホを手に入れる

またスマホ故障保証などに加入していなかった際にスマホの故障や破損などの現象が起きてしまい、修理をするのには高額だという状況の時などは白ロムを使用することで手軽に機種変や修理をせずに良い状態のスマホを手に入れることができます。

白ロムは比較的に最新機種である場合も中古のスマホ販売店であれば低価格で購入することができるものとなっています。

2万円以内はもちろん1万円以下の手軽な値段でも白ロムを手に入れることが可能となっているため、とても経済的といえるでしょう。

白ロムというものは、今後のスマートフォン業界を変える大きなポイントにも繋がるものとなっていくとされています。

言葉の意味や使用用途などをきっちりと覚えておきましょう。