スマホの買取価格がアップする裏ワザ

近年増えているスマホ買取。

せっかく自分が持っていたスマホを販売するのであれば高価買取をしてもらい、少しでも自分が売ったスマホに高値がつけば良いと誰もが思うことでしょう。

そこで今回は流行りの機種以外のスマートフォンでも高価買取の対象になるために、ちょっとした行うだけで簡単にスマホの買取価格がアップする裏ワザを紹介したいと思います。

スマホの買取価格がアップする裏ワザ

綺麗にすると査定額がアップする

このスマホの買取価格をアップさせるための方法は、古い機種や需要が低い機種でも裏ワザを行うだけで簡単に数百円から数千円買取金額がアップします。

まずスマートフォンはもちろんそれ以外の衣類や雑誌、CD、電子器具など全ての中古買取を行っているものに共通していえる高額買取にするポイントのひとつに”清潔で綺麗なものが高く売れる”というものがあります。

使い古したことがわかるものや垢、指紋、汚れなどが目立つものの場合、それだけでキズなどが目立ち、通常の買取価格よりもマイナスのポイントが引かれてしまうため、安くなってしまいます。

しかしどんなに古いタイプの通常の買取ができないものでも綺麗で清潔感を感じることができるものの場合、値段がつき、買取をすることができるものとなります。

スマホを高く売るためにも査定に持っていく直前などに汚れを取るために乾拭き、軽いアルコール液体などを少し垂らした水気のあるティシューなどを使い、モニターやボタン、背面など全てを綺麗に拭き取るようにしましょう

ボタンの中や液晶モニターと端末の他の部位などのつなぎ目などは、意外と汚れや垢などが溜まりやすい箇所でもあります。

このような箇所の汚れも綺麗に落とすために細かい爪楊枝などを使い、傷をつけないように綺麗にしていきましょう。

清潔にすることは、ポイントをかなりあげる重要な点になります。必ず行うようにしましょう。

データを消しておくと査定額がアップする

次にスマートフォンの買取を高くする方法に”中身のデータを消す”ということもあります。

スマートフォンのように携帯機能と小さなパソコンが一緒になっているようなものは、データを削除せずに買取に出した場合に後ほど買取終了後に販売する際にデータを削除するための作業が重なるため、スタッフ側にとっても手間となります。

また個人情報保護法の関係でデータが事前に削除されている方が業者側も都合が良く、事前に中身を綺麗にしていることで値上げポイントをプラスしている業者もあるのです

少しでも買取の金額を上げるためにも、また自分の個人データの流失を防ぐためにも必ずデータを削除したうえで買取に提出をするようにしましょう。

そして最後にスマホの買取価格を高くするためのポイントにあるのが付属品や装飾品、箱などを一緒に買取査定の際に提出することです。

付属品や装飾品、箱などは特にAndroidスマホなどでよくある”限定スマホ”では欠かすことができない高価買取ポイントとなるものです。

必ずこれらのもの同時に買取査定の際に提出することができるようにしましょう。

付属品もしっかり揃え綺麗にしておく

また買取査定の際は、これらの付属品や装飾品、箱なども綺麗に乾拭きをしたりして、清潔な状態にすることをおすすめします。

汚れがたまっている充電器やホコリまみれで汚い状態になっている箱などの場合、せっかく付属品があることで値段が高くなるポイントとなっているのに、値段が一切つかずに結果的にはムダになってしまう可能性もあります。

このような無駄を作らないためにも必ずスマホ以外も揃えて綺麗にした状態で査定に提出するようにしましょう。

スマホの買取査定は、スマホ以外の箇所も見られていることがあります。

一概に「スマホ機種が古いから高価買取は無理かもしれない」と諦めるのではなく、高価買取に少しでも繋げるため高価買取に繋げるための小さなポイントをきちんと把握して、買取査定に提出をするようにしましょう。