スマホを水没させてしまった時の対処法

近年Android系のスマートフォンは防水機能が付き、水の中でも手軽に使用することが可能になったり、多少の水濡れであれば一切気にすることなく使用することが可能なものとなりました。

しかしiPhoneをはじめとする非防水のスマートフォンは、今現在でも数多くあります。

非防水のスマートフォンを使用していた場合に万が一、スマートフォンを水没や液体の中に沈めてしまった時、的確な水没対策のための行動を取らなければスマートフォンの中に保存されたデータや写真など全てが消えてしまいます。

このような最悪の状況を避けるためにも今回は、スマートフォンを水没させてしまった時に簡単に誰でも行うことができる手軽な対策法や応急処置法などを紹介したいと思います。

スマホを水没させてしまった時の対処法

1741_2

水没させてしまった際に応急処置の方法として早急に行った方が良いスマホ復活のための行動が”電源を落とし、電池パックを抜く”という方法。ショート防止のためにも電池パックは、早急に抜くようにしましょう。

iPhoneなどの電池パックを簡単に抜くことができない機種の場合は電源を切ること、SIMカードやSDカードを取り除くことができるのであれば、早急に抜くようにしましょう。

抜きの行動の後は、トイレやお風呂などで水没をしてしまった場合は、タオルに多めの真水を含ませて、汚れや不純物などを落とすために綺麗にスマホ全体を拭き取るようにしましょう。

水分を拭き取る際は、本体を傾けたり、無理やり振って水分を取ろうとしないことやドライヤーなどを当てて表面を乾かそうとしないこともポイントです。

ドライヤーのような電子器具の場合、風量が強いことから「簡単に水分を取ることができそう」と思われがちですが実際には、ほとんど効果はなく、風量の強さが返ってスマホ本体を刺激させてしまい、動作不良を起こしてしまう可能性などがあります。

必ず手作業で丁寧にタオルで拭き取るようにしましょう。

また水没した直後の本体は、振ってしまうことで返って水が入っていなかった部分に水分が流れ込んでしまう可能性などもあるため、絶対に避けるようにしましょう。

カバーを開ける際なども慎重に丁寧な行動を意識して、一つ一つの作業を行うようにしましょう。スマホ本体の水分をある程度、拭き取ったらすぐに電源は付けずに数時間から数日間乾燥をさせた後に電源をオンにして、動作確認を行いましょう。

以上の方法がスマートフォンを水没させてしまった時に手軽に行うことができる応急処置の方法となります。

水没したスマートフォンを復旧させるアイテム

1741_3

スマートフォンを水没させてしまった際に手軽に水没したスマートフォンを復旧させることが可能となっているアイテムも最近は手軽に通販サイトなどで購入をすることができます。

最も手軽に手に入れることができる代表のアイテムに「シリカゲル」があります。

シリカゲルは、お菓子やのりなどに入っている乾燥剤です。

ペット用品(猫砂など)に使用されていることもあり、薬局やホームセンターなどでも購入することができます。

このシリカゲルをジップロックなどの密閉状態を作ることができるモノの中に取り入れて、スマホと一緒に入れ、放置をさせることでシリカゲルが水分を吸収するため、水没を改善することが可能ともいわれています。

シリカゲルが大量に入っており、手軽に手に入れることができるアイテムの代表に市販されている湿気取りがあります。

湿気取りは金額も手軽で塩化ナトリウムも配合されていることからスマホの中の水分を効率良く吸収させることが可能ともいわれています。

しかし臭いなどがキツいこともあるため、スマホ復旧後に臭いがついてしまう可能性もあるため、気をつけるようにしましょう。

またお米(生米)なども水分の吸収率が高いといわれています。気休め程度の復旧となる可能性もありますが、応急処置の一環としてシリカゲルがあるということも覚えておきましょう。

これ以外にもiPhone専用の水没してしまった時にiPhoneを再度液体につけることで再生させる専用のアイテムが海外などでも売られていることがあります。

日本では、まだあまり浸透していないことから入手する方法が限られてしまいますが、このようなアイテムも非常に効果的なものといえるでしょう。

まとめ

スマートフォンは水没してしまうことで中の基盤が水分で腐食する可能性が高いため、使用不能の状態になる可能性や突然の故障、バッテリー膨張や破裂などのリスクが高くなってしまいます。

新しいデータは常にパソコンなどにバックアップをしておくことやスマートフォンを水没させてしまった場合は、早急に新しい機種にすることを検討すること、修理などに出すことを考えておくことなどいろいろなことを事前に検討しておき、行動をすぐに取ることができるようにしておくことも大切でしょう。

iPhoneなどの高額なスマートフォン端末の場合、正規店での修理代金は保険に加入しているか、いないかによっても異なりますが4万円前後になるといわれています。

決して安価なものではないということを覚えておき、大体の水没後の料金なども把握をしておくようにしましょう。