iPhoneで動画の音声などが鳴らないなどのスピーカートラブルと対処法

「ある日、突然iPhoneのスピーカーが反応しなくなってしまった」という方は、多いのではないでしょうか。

iPhoneは、実はスピーカートラブルが多い機種のスマートフォンといわれており、液晶モニターにヒビが入ってしまうなどのトラブルに引き続き、スピーカートラブルも多いトラブルのひとつと言われています。

iPhoneのスピーカートラブル

着信音は通常通り鳴るのにも関わらず、音楽やサファリを経由して流している動画の音声などが鳴らないといったトラブルにもし心当たりがあれば、これから紹介するいくつかのスピーカートラブルを解消する方法を試してみてください。

音量のボリューム数値が表示されないトラブル

まず突然起こるiPhoneのスピーカートラブルの中でも最も多いのが”音量のボリューム数値が表示されない”というもの。

iPhoneのサイドボタンを押し、音量ボリュームを大きくしたり、小さくしたりしようとしても反応せずに結果的にどうしても元の状態に戻らないということも多いかと思います。

このようなトラブルが起こってしまう主な原因は、コネクターのつまりや一時的なバグ、動作不良である可能性が高いため、一度再起動をしてみる、充電器と充電をする箇所を綿棒などの細かいもので磨き、掃除をしてみましょう。

表示系のトラブルは、再起動をすることが最も良い方法とされているため、おすすめできるものとなっています。

表示トラブルが起きてしまったらすぐに再起動をしてみましょう。

動画の音声などが再生されないトラブル

また意外と多い音量トラブルが言語設定を変更した関係で突然、動画の音声などが再生されないトラブルがあります。

これは言語設定の関係で突然音声がでなくなっていることが原因に考えられます。

一度設定から言語設定を元に設定してあったものに戻してみましょう。

それでもダメな場合は、一度電源を落として再起動をしましょう。

スピーカーから音が出なくなってしまうトラブル

これ以外にもスピーカーから音が出なくなってしまうトラブルなどが現れてしまった場合、一度siriを起動させてsiriにトラブルを伝え、解消の応えを求めてみても良いです。

siriは意外とiPhoneのトラブルを把握して、解決へと自動で繋げて行動をとってくれることがあります。

とはいえ、siri本体が反応しない状態である場合は、一度再起動をしてiPhone自体の起動をリセットしてみましょう。

これら以外にもスピーカートラブルが起きてしまった際の解決法には、

・充電を0にするまで放置してみる
・イヤホンジャックを掃除してみる
・イヤフォンの差し入れを行ってみて、ヘッドホン表示の確認を行ってみる

などの方法があります。実際にいろいろな方法をまずは試してみることが一番最適といえるでしょう。

まとめ

最初にもお話した通り、iPhoneはスピーカー、イヤホントラブルが多い機種です。

突然のiPhoneのスピーカーやイヤホントラブルは、焦らずに再起動をしてみること、綺麗な状態にしてみることなど様々な方法を行って音が出るかを確認してみましょう。

また設定>サウンド>着信音と通知音をスライドさせてきちんと、音が正式な動作で出るかを確認してみましょう。

iPhoneのスピーカーやイヤホンは長期的に使用することで音が歪んでしまったりすることもあると言われていますが、これらの動作を再度行ってみたりすることで多少は元の状態に戻すことが可能となったりします。

iPhoneのスピーカーやイヤホントラブルは寿命が訪れるまでは、直すことが可能なものです。

iPhoneも電子器具であるため、寿命は訪れてしまうものですが必ずしっかりと改善や早い段階での修理を行うことで寿命を伸ばすことは可能なものとなります。

寿命を伸ばして、長い間愛用するためにも必ずiPhoneのスピーカーやイヤホントラブルが訪れた場合は、きちんとその場で行うことができる段階の方法でケアを行うようにしましょう。