iPhoneのカメラトラブル レンズの修理・交換方法と費用は?

iPhoneのカメラは突然フリーズしてしまい、画面が真っ黒になってしまうことがあります。

カメラアプリが黒くなってしまった場合、突然のことであるため、多くの方々が「どうしよう?」、「iPhoneの寿命なのかな?」などと思うことに違いないでしょう。

しかし実はiPhoneのカメラトラブルは、これら以外の原因で起こっている可能性があるのです。

iPhoneのカメラトラブルとは?

iPhoneのカメラトラブルの現象は人によって様々だといわれています。

例えば、冒頭にもあるようなカメラアプリを起動した際に突然画面全体が真っ黒になってしまうような状況。

この状況は、瞬間的にフリーズしているケースが多いためシャッターを数回押してみたり、電源を再起動してみたりすることで簡単に解消させることが可能です。

しかしメモリ不足であった場合などもカメラアプリが起動しにくくなってしまうことやデータフォルダーが重たすぎる状態となっていることもあり、アプリを起動させることができなくなっている可能性もあるのです。

もしデータフォルダーの容量が重たくなってしまっている場合は、パソコンなどに全て写真画像や動画などを移動させるようにしましょう。

データを移動させることで確実にiPhone本体を軽くすることができるため、快適にiPhoneのカメラアプリを起動させ使用することが可能となるでしょう。

カメラレンズ本体のトラブル

iPhoneカメラで以下のような問題が生じている場合は、レンズ本体にトラブルが起きてしまった可能性があります。

・iPhoneのピントが酷く合わない場合、
・ぼけが酷い
・カメラを起動してもなかなか真っ暗な状態のまま治らない
・プレビューされた時に画面が表示されない
・カメラアプリが起動しようとしても起動しない

もしかするとカメラレンズ本体にトラブルが起きている可能性があります。

カメラレンズにトラブルがある場合、カメラレンズの部品を交換する方法が一番簡単にカメラトラブルを解消させることができる方法となっています。

水濡れや水没、破損などのiPhone全体が故障してしまうトラブルの場合は、改善することができない場合もありますが、iPhone全体にトラブルがない状態であればカメラレンズのみを交換することができることもあります。

まずはカメラレンズを交換することができるのかを確認するためにアップルストアや修理を専門とする非公認の修理店に一度足を運んでみましょう。

カメラレンズの交換に必要な費用

カメラレンズの交換は、アップルストアも非公認の修理店もどちらも一万円程度で修理をすることができるとされています。

しかしカメラレンズやiPhoneの本体全体の状態にもよります。

一度ショップに提出して、自分のiPhoneがどのような状況なのかを確認してみましょう。

またカメラレンズの交換をする場合やショップにiPhoneを提出する場合。正規店となるアップルストアはもちろん非正規店となる修理店のどちらでも事前にiPhoneのデータのバックアップは取っておくようにしましょう。

データなどに関しては修理をしている段階で消えてしまう可能性もありますので、万が一のことを考えても必ずiPhoneのデータは常にバックアップしておく必要があるでしょう。

カメラレンズに問題がなかった場合でも突然カメラにトラブルが起きてしまうということは、iPhoneに何らかの問題が起きている可能性があります。

iPhone本体の寿命が近づいていた場合や新しいiOSに切り替えをした時にiPhoneへの負担が大きく、データが消えてしまう可能性などもあります。

iPhoneのデータを常に飛ばさないためにも常に日頃から自分のiTunesやアイクラウドにバックアップを取っておくようにしましょう。

バックアップデータは、とっておいて悪いことはありません。

突然のデータ削除などにもすぐに元の状態に戻すことができるため大変便利なものとなっていますので、日頃から必ず行うことができるようにしましょう。