iPhoneとAndroidの違いは?それぞれの強み・弱みを解説

スマホを購入する際に誰もが一度は考えた経験があると言われているのが「iPhoneとAndroidの違いはどんなポイントなのだろう?」ということです。

この記事では、iPhoneとAndroidの違いについて纏めて見ました。

iPhoneとAndroidの違いは?

電化製品やパソコンなどの器具に詳しくない方の大半が「Androidは操作が難しい、iPhoneの方が操作方法が簡単」などと大雑把に考えていることが多いです。

そのため、本当の意味でのiPhoneとAndroidのメリット、デメリット、違いなどを理解していない方が多くなっています。

iPhoneとAndroidの違いは、完結に説明をするとMACPCとWindowsPC、Wiiとプレイステーションのような違いです。

これは電化製品に興味がない方はもちろん、あまり情報に詳しくない方にとっては「どんな違いかイマイチわからない」と思うことでしょう。

そこでiPhoneとAndroidの強み・弱み(メリット・デメリット)を挙げてみたいと思います。

iPhoneの強み(メリット)

音楽再生
サイトを閲覧する際にブラウザー調整がされている
操作が簡単
動作不良が少なくサクサクと操作をすることが可能
知名度が高いアプリやゲームなどはリリースが正確
アプリのウィルスなどの危険性が比較的に少なくセキュリティが強い
有名アプリは大半ある
写真や動画を手軽にパソコンに送信できる
ナビ機能がしっかりとしている
人気機種でるため端末代がどのキャリアも安くしていることが多く安価で手に入ることが多い
音声指示操作が可能

Androidの強み(メリット)

お財布ケータイ対応
ワンセグ機能
防水機能
アプリの数が多くiPhoneにはない素人作成のアプリや企業作成のアプリなどが豊富にある
SDカードにデータ保存をすることが可能
卓上電卓機能
大半の問題点やカスタムなどはアプリをダウンロードすることで可能
パソコンと連動して操作をすることが可能
メールや不在着信をお知らせする機能がついている

iPhoneの弱み(デメリット)

おサイフケータイ非対応
戻る・リターンボタンがなくボタンが真ん中の一つのみ
文章の修正が苦手
カスタム機能やアプリが少ない
着信ランプがない
パソコン連動することが不可能

Androidの弱み(デメリット)

バッテリー消費率が高い
音楽再生プレーヤーがデフォルトのものだと使いにくい
日本語非対応アプリが多い
バックアップがiPhoneよりも少ない
慣れないと操作が難しい

iPhoneとAndroidは利用用途に応じて選ぶ

iPhoneやAndroidのメリット、デメリットを比較してもわかるようにお互いに良い点があることに対して、「iPhoneにはあるのに」「Androidにはあるのに」とないものが両方にも存在しています。

全体的に毎年新しい機種が発表されると同時にメリットは増え、デメリットは減少していますが、それでもお互いを補いあえる機能はまだどちらにも備えられていません。

金額的にも最新機種であれば、あまり値段は変わらないことが多く、どちらも比較する対象にしがたいものではあります。

万が一、iPhoneとAndroidのどちらかのスマートフォンを選ぶ際に悩んでしまった場合は、自分の使用目的用途を比較して、「仕事でよく使う」や「音楽を綺麗な音で聞きたい」などと具体的な例をあげてどちらの方が自分に適しているのかを検討してみましょう。

お互いに得意と不得意のあるAndroidとiPhoneですが、使い始めれば両方共に愛着が湧き、使いこなすことができるものには変わりありません。

見た目のビジュアルなどで選ぶことも大切です。

気に入った機種を購入し、納得がいくまで使用することをおすすめします。