全てがパワーアップしたiPhone6の機能紹介

2014年9月19日にiPhone6が日本でも発売となり色々と報道がなされました。

今回の記事では、新しいiPhoneの魅力と、今回から搭載された新機能を紹介しています。

すでに、iPhoneのユーザーである方にも、iPhone初心者の方にも、わかりやすい内容となっています。

 

誰もが心待ちにしたiPhone6(アイフォン・シックス)

毎年、この時期になると、どうしてもソワソワするのが、ここ何年かの習慣として定着してしまいました。

次はどうなるのだろうか、と、どうしてもいろいろと考えてしまう、あやふやなリーク情報の数々。

しかし、今回は、やってくれました。これで、夢がかないました。

 

やっと、大画面のiPhone6(アイフォン・シックス)が発表されました。

そのニュースを心待ちにしていた方は、おそらく全世界に存在すると思います。

 

これまで、他社の販売している大画面のスマートフォンを利用している人を横目でみながら「いつの日か、きっとくる。そう、きっとくるに違いない。」と我慢を重ねてきた日々も、いまとなっては、良い思いになりそうです。

今回発表された「iPhone6」は、大きさでは2種類(4.7インチと5.5インチ)、データ容量では3種類(16GB、64GB、128GB)、色では3種類(シルバー、ゴールド、スペースグレイ)になります。

(ちなみに、私たろ~は数ヶ月の入荷待ち状態でした^^;)

 

大きさの違いに目が行きがちですが、見た目以外にもかなりの変更点があるようです。

 

iPhoneの提案する高速通信ネットワークの進化

iPhone6では、対応するLTEの周波数帯が最大20へ増えました。

これによって、携帯各社が提供している高速モバイル回線を利用して、さらなる高速通信(最大下りで、150Mbps)を実現することに成功しました。

このLTE回線を利用した音声通話サービスである「VoLTE(ボルテ)」に対応した機能も搭載されています(その利用には携帯各社の対応が必要です。)。

 

具体的には、auは、iPhone6により、WiMAX2+(ワイマックス・ツー・プラス)を含めた、全部で3つの連続していない周波数帯(2.5GHz帯、2.1GHz帯、800MHz帯)を同時利用できる機能であるキャリアアグリゲーション(略して、CA)に対応することを発表しています。

これによって、どのような環境でも、高速通信を利用できる可能性が飛躍的にあがります。

Wi-Fi(ワイファイ)機能に関しても、今回、はじめて「802.11ac」に対応しました。

この規格に対応した通信機器との組み合わせにより、Wi-Fi環境での通信速度の面では、少なくとも、いままでの数倍以上の向上が期待できます(通信規格としての最高通信速度は、6.93Gbpsです。)。

 

iPhoneの新しい決済機能

「Apple Pay」と命名された新しい決済システムが搭載されました。

日本での運用は先のことになりますが、いまのところ、決済手数料が無料(店舗に対してもです。)であるところと、決済情報の取扱が独特であるところに特徴があります。

Apple Payでは、以前から存在した「NFC」という機能と、iPhone5(s)から導入した指紋認証を組み合わせて、決済をおこないます。

 

通常の決済システムでは、マーケティング対策のために、取引に関する情報を記録して利用することが一般的ですが、Apple Payでは、iPhoneを販売しているApple社が、決済の終了後に一切の記録を残さないことを、宣言しています。

これによって、セキュリティ対策を強化することが可能となります。

 

今後、日本でも運用が開始されたら、どの程度の人が利用するかは何ともいえませんが、他の方式よりも少しでも安全性が高くなるならば、歓迎したい新機能です。

しかし、それだけiPhoneの重要度がアップするわけですから、紛失した場合にそなえて、対策を十分にとる必要があります。

iPhoneの現在地を確認できる仕組みや、遠隔操作でデータを削除できる機能は、すでに備わっていますので、それを有効にすることを強くおすすめします。

 

iPhoneによる新時代の幕開け

これまでの機能のほとんどがレベルアップした新しいiPhone6です。

処理能力、電池の持ち時間、カメラの性能等のすべての面で、性能が大幅に向上しました。

新機種の発表にあわせるように、iPhone用の新OSである「iOS8」も提供が開始されました。そちらにも、新しい機能が追加されています。

 

iOS(アイオーエス)8の新機能のうち一番利用すると思われるのは、文字入力の新機能です。

入力方法に、かなりの向上があるようです。

例えば利用者のメッセージのスタイルと、やりとりをおこなう相手ごとのスタイルを記憶して、それにもとづいて、入力する文章の候補を提示することができるようになります。

また、Apple純正の文字入力システム以外にも他社製の文字入力アプリを使用することが可能になります。

 

すでに従来のタイプのiPhoneを利用中の方にも、かなり魅力的なiPhone6です。

これから利用を検討されている方にも、大画面の新機種の販売が開始された今の時期が、最高のタイミングではないでしょうか?

iPhoneの特徴として、一度操作を覚えると、基本的な操作方法は、新しい機種に変えても、ほとんど変わらない、というところがあります。

現在利用しているパソコンのサブ的な存在としても、十分以上の働きが期待できる通信端末です。