You TubeがFlashからHTML5に移行完了

似たような事業を行っている企業同士による主導権争いでは、今後どの規格を採用するか、と言う判断が非常に重要になります。

業務の上では、ライバル関係にある他の企業が開発した規格を採用すれば、その時点で一部の競争に負けたことになります。

できれば、一般的に、広く公開されて、多くの利用者が存在している規格を、今後提供するサービスに採用したいところです。

そうして、できるだけ他の企業の影響を受けることがない状況を、つくり出す必要があります。

それで、初めて正々堂々と勝負を挑むことができる環境が整います。

インターネットの世界でも、その点は変わりません。

Google社は、多数の利用者が存在しているサービスである「You Tube」において、動画再生の規格である「Flash」を、今後は、Webページを表示する、一般的なプログラム言語である「HTML5」に移行したことを発表しました。

これによって、他社の動画再生の規格であるFlashに依存しなくても、サービスを提供することができる環境が完成しました。

 

You TubeのHTML5に移行とは?

You TubeのHTML5に移行とは、米国のAdobe Systems社が開発した「Flash」を利用して提供していた、動画共有サービスである「You Tube」が、今後は「HTML5」の技術を利用して、サービスを提供する形態へ移行したことです。

これによって「Flash Player」を利用することができない通信端末であっても、このサービスを利用できる可能性が高くなります。

一例としては、iPhoneに代表されるiOSデバイスです。初代から、Flashに対応していなかった、この端末のために、すでにHTML5によってYou Tubeのサービスを提供してきました。

このHTML5は、各種の技術の標準化を行う、非営利団体である「W3C」によって、勧告されているWebページを作成する際に使用する規格です。

今回、HTML5による新機能の採用によって、全てのサービスをHTML5に移行する決断をしたようです。

その新機能とは、回線速度に応じて、自動的に、画質を変更することができるものです(ABR機能)。

また、送信に必要なデータ容量を削減できる「VP9コーデック」に対応したこと、及び暗号化の面でも、柔軟に対応できるようになった点なども評価しての判断です。

他にも、ブラウザに機能を追加しなくても、ビデオチャットなどの機能を、Web画面で利用できたり、解像度の高い画面であっても、全画面表示が可能となったりしたところも特徴です。

 

You TubeがHTML5に移行する意義

他の企業の開発したプログラムによって、自社のサービスが影響を受けるような事態を、回避できる点が、Google側にとってもっとも大きなメリットです。

同じサービスを提供できるのではあれば、ブラウザの中に、追加のプログラムをインストールする必要がない方が、好ましいことは容易に想像できるところです。

当分の間は、旧規格も併用して、サービスを運用する必要がありますが、将来的にはHTML5のみを利用して、サービスを提供する形になります。

今後、新しい通信端末を開発するメーカーは、単に、HTML5に対応したものを提供すれば、購入したユーザーは、ブラウザの中で、You Tubeのサービスを楽しむことができます。

この変化によって、新端末の開発のコストを削減できる可能性が高くなります。

特定の企業が開発した規格を採用するには、それなりの手順が必要となります。

また、問題が発生した場合にも、その解明に、時間がかかることもあり得ます。

その点では、一般的に利用することができるHTMLの方が、ハードルが低い、と言えます。

しかも、HTML5ではその標準仕様の中に動画などのマルチメディアに対応した機能が最初から搭載されている訳です。

 

HTML5の進化による恩恵は?

自社で、独自に開発した規格によって、優位性を保つ手法は、すでに時代遅れなのでしょうか?

どうせなら、全てを公開して、その規格を開発した企業としての名誉のみを求める方が、結果として、大きな利益を得ることができる時代になったのかも知れません。

技術の独占よりも、公共の利益を優先する企業に、どうしても魅力を感じるのは誰でも同じではないでしょうか?

今後も、HTML5の進歩によって、これまでは、独自のプログラムのインストールが必要であった各種サービスの機能が、HTML5のみで、実現できるようになることが予想されます。