充電ができないスマートフォンの修理方法

スマートフォンが突然充電ができなくなってしまい、驚いた経験がある方は多いかと思います。

iPhoneやAndroidなどスマートフォンの機種は問わずに充電器にスマホ端末を挿しても反応せずに充電をすることができず、結果的に何度も繰り返し挿していくうちに充電ができるようになったという方も多いでしょう。

 

スマートフォンの充電トラブル

充電ができなくなってしまうというトラブルの原因は、充電器ケーブルのACアダプタの故障や接続不良、スマートフォン端末のコネクタ口部分の故障が考えられます。

これら以外の原因で考えられるものがあるとすれば、コンセント本体に原因があると考えられます。

ただ、コンセントが原因の場合、海外での使用、ブレーカーの原因、節電スイッチのついた電源タップがオンになっていない状態などが考えられるため、意外とすぐに解決します。

今回はコンセント以外が原因となり、スマートフォンの充電ができなくなってしまっている時の対処法と原因について詳しく説明をしていきたいと思います。

 

充電ケーブルのACアダプタが原因の例

充電ケーブルのACアダプタが原因で充電ができなくなってしまっている場合、外見的にはわからない時でも内部で断線してしまっている可能性があります。

もちろん外見ですぐにわかるキズや故障の跡などが見られる場合は、すぐに充電ケーブルACアダプタを交換するようにしましょう。

ACアダプタの故障は、火災の原因となる場合もあります。

長時間ACアダプタを接続したまま充電をしていることやスマホ操作を行うことでACアダプタに全体に熱が生じてしまい、結果的に布団などに点火してしまい火災を起こしてしまうこともあります。

特に乾燥が目立つ秋冬の季節は、スマホが原因となり火災が起きるケースが近年増えているといわれています。

充電ケーブルのACアダプタによる断線などが原因で充電ができなくなっていることを確認したらすぐにキャリアショップで新しい充電器を購入するようにしましょう。

もちろん断線していない充電器でも充電をする度にACアダプタの本体やどこかの部分が熱を感じさせる場合は、故障の前兆にも繋がるため、早い段階で新しいものに交換をすることをおすすめします。

最近ではインターネットなどでも気軽に充電器を購入することができるため、予備も兼ねて何個か充電器は、所持しておけるようにしましょう。

 

スマートフォン端末本体が原因の例

上記のACアダプタが原因となり充電ができなくなってしまうというトラブルに続いて多いのがスマートフォン端末本体が原因で充電ができなくなっているというものです。

これは複数のケーブルを使いスマートフォンの充電を行っている方であれば、どれかひとつのみにスマートフォンが反応しているのであれば、端末本体が原因というわけではないと思っても良いでしょう。

しかし全ての充電器でも同様に反応が悪かったり、きちんと充電ができなかった場合は本体に原因があるということを疑っても良いでしょう。

またスマートフォン端末本体が熱を持ち、熱くなってしまったり、充電中に回路付近などに熱を持っている場合、スマートフォンが原因で充電ができなくなっている可能性が高くなります。

スマートフォンが原因で充電ができなくなっている場合、温度の関係で充電ができなくなっていることも多いため、温度が下がってからも充電をすることができる場合もあります。

しかしバッテリーが熱くなってしまったり、膨らんでいたり、端末本体から焦げるような臭いがしたりする場合は、充電ができないスマートフォンである可能性が高くなると同時にスマートフォン自体の危険性も高くなっています。

 

スマートフォンが原因の場合の対処法

スマートフォンが原因で火災になる可能性もあり、またデータが全て消えてしまうなどのトラブルに繋がる可能性も高いため、できるだけ早い段階で修理に出すようにしましょう。

万が一、このような状態になってしまった場合は、最初に新しいバッテリーを購入し、バッテリー交換を行ったり、修理に出しておくことをおすすめします。

またスマートフォン端末本体が原因で充電ができなくなっていることの中でも意外と充電後にUSBケーブルを強く抜いてしまった関係でUSBケーブルが変形してしまい、コネクタ口の破損が原因となり充電ができなくなっているということもよくあります。

このような場合は、むやみに形を整えるようなことはせずに必ず修理にすぐに出すようにしましょう。

充電トラブルは間違えた方法で接続ミスなどをしてしまうことで火災などに繋がる可能性が高いものとなっています。

絶対に間違えた行動を取らないためにも必ずきちんとした方法で改善をすることができるようにしましょう。