スマートフォンのバッテリー劣化と防止方法

ガラケーとは異なり、全液晶画面であることから電源をオンにして維持をするだけでもバッテリーが消費されてしまうスマートフォン。

iPhoneやAndroidなど様々なスマートフォンを近年では、誰もが愛用していますが数多くの方が「バッテリーの持ちが悪い」などとバッテリー消費時間などについて悩んだ経験があると思います。

スマートフォンのバッテリー(電池)も実は、ガラケーやパソコンなどと同様に普段の生活の中で気がつかない間に劣化させてしまっている可能性も高いのです。

 

リチウムイオン電池は劣化し易い

電子器具に搭載されているリチウムイオン電池は、100%に近い満タン状態の充電を維持することが苦手な電池とされています。

放電や頻繁な充電が苦手なものでもあり、頻繁に充電をすることやスマートフォンを使用する時に充電器を挿したままの状態で使用することにも向いていません。

日頃の生活の中で誰もがやってしまいがちな充電方法を行うだけで自然とバッテリーを劣化させてしまっている可能性があるのです。

 

バッテリー持続のコツ

バッテリーを長く維持するためにも充電の回数は、必要最小限に減らすことです。

目安としては”夜に寝る時のみ”や”電池残量が半分以下になり20%以下もしくはその近い数字に落ちてから”などとフル充電に近い状態での充電を常に避けるようにしましょう。

几帳面すぎる充電頻度や間違えたタイミンの充電回数の増加は、電池の寿命を短くし、バッテリーが劣化しやすくなってしまいます。

0%までバッテリーを使用することが良いというわけでは、ありませんができる限り、電池残量が減っている時に充電を少ない回数で行うように心がけましょう。

 

利用環境によってもスマートフォンの電池は劣化する

また充電頻度や充電のタイミング以外にもバッテリー劣化を進行させることは、生活の中に潜んでいます。

それは室温が高温の部屋や暑い状態の環境下でスマートフォンを使用するということです。

スマートフォンの電池であるリチウムイオン電池は、非常に熱に弱く暑い環境が苦手なものとなっています。

夏場などのエアコンの効いていない部屋での充電をしながらスマートフォンを使うという行為は、最も危険でバッテリーの消耗と劣化を進行させる行為となっています。

バッテリー温度が高くなる以外にもスマートフォンの本体端末への負担も大きくなるため、気がつかない間にスマートフォンの液晶内部にひび割れなどが入ってしまい故障へと繋がる可能性もあるのです。

絶対に暑い場所では、充電やスマートフォン操作は避けるようにしましょう。

夏場などにどうしても、暑い場所でスマートフォンを充電しながら操作をする場合は、熱を少しでも逃がしやすくするためにも長時間操作は避けて手短に使用するようにしましょう。

そして充電が満タンになったら、満充電状態での放置は、バッテリー劣化の元に繋がるので少しだけ操作をして90%から98%以内にしておきましょう。

長時間使用しない場合などは、充電をする際に100%充電をするのではなく、50%程度に抑えておくことも電池への負担が少ないためバッテリー消耗の原因を避けることができるものとなります。

使用頻度に合わせて充電をどのくらいにするかなど考えてみましょう。

 

予備バッテリーの使い方にも注意

また外で使用することが多い予備バッテリーでの充電に関しても100%で放置し、長時間予備バッテリーを挿したままの状態は避けるようにしましょう。

予備バッテリーは物によっては、スマートフォン本体にあまり良い影響を与えないものが存在しています。

自分の予備バッテリーがしっかりとしているものなのかなど、確認をしたうえで使用しておきましょう。

スマートフォンのバッテリーは、iPhoneやAndroid問わずに日々の生活の中での使用方法を変えることで確実に持ちをよくすることができます。

バッテリーを機種変更の時まで既存したものを使用するためにも、日々の生活の中で行える方法は取り入れて行うようにしていきましょう。