iPhone液晶画面のひび割れ修理

大型液晶画面で見やすく操作性も高く便利なiPhoneですが、ポケットに入れたまま座ってしまったり、誤ってiPhone本体を落としてしまい液晶画面部分が壊れてしまうことがあります。

iPhoneの液晶モニターは、ネットのクチコミなどを見てもわかる通り「壊れやすいことで有名」です。

画面に亀裂が入っている人やひび割れた画面でiPhoneを操作している方を一度は、電車の中や街中で見かけたことがあるでしょう。

iPhoneの液晶画面が万が一ひび割れてしまった時は、下記のことを必ず覚えておき、すぐに対処法を取ることができるようにしておくことがポイントとなります。

アップルストアで修理を依頼する

各携帯キャリアショップでは、iPhoneの液晶画面の修理は受けていない場合が多いため、iPhoneの修理はアップルストアへ直接依頼することが良いでしょう。

費用の相場予算は、iPhoneのシリーズによって異なりますが大体1万円から2万5000円以内。

保証プランなどに加入していた場合は、この相場予算より安くなることがあります。

ただし修理の回数制限や修理ランクなどもあるため、プランに加入していた場合でも一度保証プランの確認をするようにしましょう。

アップルストアでの修理の最大のメリットは、使い方の相談などを同時にカウンセリングすることができ、予約をすることで優先的に修理を行ってくれます。

アップル社の公式修理となっているため、非正規の修理専用店での修理よりも”確実で正確に”端末を直すことができます。

アップルストアのデメリット

対してアップルストアでの修理のデメリットは、「予約が取りずらいこと」と「修理価格や各種の値段設定が高額」ということです。

アップルストアでの修理予約は、近年サービス向上のため、様々な機能などが取り入れられていることから前ほど予約が取りにくいということはありませんが、希望日時に確実に予約を入れることや当日にすぐに予約を入れることは難しいものとなっています。

飛び込みで予約なしでアップルストアへ行くことも良いですが何時間も待たされてしまう可能性も高いため、あまりおすすめできません。

アップルストアに相談へ行く場合は、事前に必ず予約を入れていきましょう。またアップルストアは修理料金や各種の設定価格が基本的に高額になっています。

損傷の軽度や状態、保証プラン設定などにより価格は異なりますが非正規の修理専用店と比較すると価格が高いと感じられます。

また一部の海外SIMフリー版iPhoneは交換や修理ができない可能性が高いため、事前に調べておく必要があります。

アップルストアでの修理は、確実で正確なものではありますが、手間と時間とお金がかかるものと覚えておきましょう。

非正規の修理専門店で修理を依頼する

街中のiPhone・Android修理ショップやインターネットで無店舗で修理を行っている業者などもiPhoneの液晶画面の修理を行っています。

アップルストアとは異なり、早いスピードですぐに修理してくれることや比較的安価で修理をしてくれることがポイントとなっています。

費用の相場予算は、iPhoneのシリーズによっても異なりますが液晶画面の交換は5000円から1万3000円以内。

最新機種のiPhoneでなければ、かなりの低価格で液晶画面を交換してくれる業者も多いため、手軽に交換をすることができることが売りとなり近年スマホ普及と共に多くの人から需要が増えているといわれています。

非正規の修理専門店での修理の最大のメリットは、アップルストアのような困難な予約もなければ、安価でサービスを受けることができることです。

この2点が非正規の修理専門店の強みであり、メリットでもあります。忙しく、iPhoneがなければ仕事ができないビジネスマンなどに、早いタイミングで安価に修理を済ませることができる非正規の修理専門店は、とても嬉しいものです。

しかし非正規の修理専門店のデメリットとして大きいのが部品が輸入品であるため、極まれに不具合が起こる可能性があるということです。

殆ど不具合やトラブルはないといわれていますが、正規店の部品などと比較すると100%の物ではないため、保証はしかねてしまいます。

早くて安いメリットと比較すると、この点は大きいデメリットとなるでしょう。

 

自分で修理することは危険

iPhoneの液晶画面が割れてしまった時の対処法は、以上2つが主なものとなります。

これ以外にも自分で修理をするという方法もあります。

液晶画面などの部品は輸入サイトで仕入れることができる場合もあり、また他のiPhoneを分解し、自分のiPhoneに付け替えることもできないことはありません。

しかしネットで紹介されているようなiPhoneの自己修理方法は、データが飛んでしまうリスクが高く、またコストは低いですが危険性が高いため、割に合わないといえるでしょう。

また無知の状態でiPhoneの修理をすることは、電波法に反する可能性も高いため、立派な違法行為ともなります。

総務省でも認められている電波法違反は、見つかり次第、罰せられます。絶対に避けるようにしましょう。