Wi-Fiとスマホ+無線ルータ=無限大の可能性!?

自宅でスマホ(スマートフォン)と無線ルータを使ってWi-Fi(ワイファイ)環境を利用している方は、かなりの割合で存在していると思います。

自宅の固定通信回線が光回線等の高速通信であれば、ストレスなく、スマホでのインターネット接続を楽しまれていると思います。

しかし、Wi-Fi環境によって恩恵を受けるのは、インターネット接続の表示速度の面だけでしょうか?

 

スマホが無線ルータを経由して、インターネットへ接続しているということは、その無線ルータに接続されている他のパソコン等の通信端末や、ネットワークに対応したプリンタ等の機器とも接続されていることになります。

この接続形態は、最近の企業ではパソコン等の通信端末を設置する場合に、一般的な接続方法です。

この記事では、インターネット利用の以外にもいくつか存在している、スマホと無線ルータの組み合わせで実現できる便利機能を紹介しています。

 

無線ルータを介して、複数の通信機器等の間でなんらかの作業をおこなうことができる状態を「ネットワークを組んだ状態」とも表現します。

会社や学校などの内部でネットワークを組んだ通信システムは、その組織にとって生命線ともいえる存在です。単にこれが一般家庭に場所を変えただけの話です。

 

スマホ+無線ルータの可能性

無線ルータは、通信回線のあるところなら世界中のどこへでも一瞬で情報を届けることができます。

また、それと同時に、無線ルータに接続された複数の通信端末(パソコン等)と周辺機器(プリンタ、ハードディスク等)の間でやり取りされる通信データも、ルータ内部で行き来しています。

 

会社等でネットワークを利用しておこなっている共有ファイルの閲覧、ファイルのプリント、データの保存等の作業は、無線ルータの設置されている場所であれば、まったく同じようにおこなうことができます。

その接続された通信端末の一員にスマホもはいることができます。スマホのみがWi-Fi接続で、他の端末が有線接続でも構いませんし、すべての端末がWi-Fi接続で接続された無線ルータを経由している関係でも、問題ありません。

 

スマホ+無線ルータにより高い次元のネットワーク環境へ

それでは、実際にどのような利用方法があるのでしょうか?

典型的な利用方法としては、共有ファイルへのアクセスがあります。

これは、スマホから、他のパソコンや、ネットワークに対応したハードディスクの中にある情報を閲覧したり、音楽や動画を再生したり、といったことが可能となる利用方法です。

 

次に、ネットワークに対応したプリンタで、スマホで開いたファイルや、ウェブ画面を印刷する機能です。

その他の機能としては、スマホから他のパソコンの操作をおこなうことも可能です。

接続された通信機器の種類によっては、ネットワーク内の別の機器の電源を切ったり、テレビのそばに設置してあるネットワークに接続されたブルーレイレコーダーの遠隔操作をしたり、といったことなども可能です。

 

以上のような機能は、接続されたそれぞれの機器ごとに、必要なアプリケーションをインストールしたり、設定変更をしたり、といった対応をおこなうことにより、実現できるものです。

そのような手順なしで簡単に利用できれば、それが利用者にとって一番良いのかも知れませんが、外部からネットワーク内へ侵入されてしまう危険性を考えると、どうしても省略できない儀式のようなものです。

 

スマホ+無線ルータによる将来の可能性

スマホと無線ルータのタッグによる新しい可能性は、これからもどんどん大きくなると予想されます。

すでに実現していますが、自宅の録画機器で録画したテレビ番組を、同じネットワークに接続されたスマホへダビングして、外出先でも視聴できるサービスなどはその代表的なものです。

これらの新しいサービスの利用には、無線ルータの買い替えや、スマホへのアプリケーションのインストールが必要になることもありますが、それでもそのサービスが、十分利用価値を認めることができるものであれば、無駄な出費とはいえないと思います。

 

例えば、ネットワークに対応していないプリンタや、ハードディスクを接続するだけで、ネットワークに対応した機器として再利用できる機能をもっている無線ルータを購入すれば、プリンタ等を買い替えるよりは、はるかに定額で、快適なネットワーク環境をつくることができます。