iPhoneの画面にタッチができない時の修理・改善方法

iPhoneの画面(以下タッチパネル)に触れても反応しない時、どうしたら良いのか、修理相場はどのくらいなのかなどを紹介したいと思います。

iPhoneのタッチパネルは、全てのシリーズに共通してOSアップデート後などは反応が鈍るなどのトラブルがあります。

iPhoneの画面にタッチができない

OSアップデート後の反応の鈍りは、主に処理速度の低下などが関係していることが考えられるため、自然と使用していくことで反応の状態が元に戻ります。

また冬場などの時期は指の乾燥が原因でタッチパネルが反応しにくい状態になることもあります。このような現象とは異なるタッチパネルのトラブルが起こってしまった場合、まずは次の手順でiPhoneを操作してみましょう。

iPhoneの電源をオフにして一度再起動させる。タッチパネルが全く反応しない状態の場合、電源をオフにした時に現れるスライド式の電源ボタンですがこれは数秒間電源ボタンを長押しすることでスライドしないままでも電源を消すことができます。

強制的なリセット方法になってしまいますが先ずはiPhoneの電源を落とし、その後に再起動をすることを意識して行動を起こしましょう。

iPhone再起動後、元通りタッチパネルに触れ、操作をすることができた場合、一時的な不具合だったと考えることができるため、そのまま操作を続けても良いでしょう。

しかし再起動後もタッチパネルが反応しない場合は、本体に不具合が起きている可能性があります。

iPhoneの画面が汚れていないか、保護シートなどの関係で触れにくくなっていないかなどを確認した後で再度タッチパネルに触れてみましょう。

どうしてもタッチパネルが動かない場合は、修理を考えてみましょう。

iPhoneの画面にタッチができない原因

iPhoneのタッチパネルは、水没や水濡れ、落下などの衝撃、踏みつけ、体重がかかりすぎてしまった場合などに起こるとされています。

水没などの水に関するトラブルは、iPhoneの内部に水が入ることで金属部品が錆びてしまい動作不良を起こすことも多く、状態は悪化する一方になる場合があります。

特に水没などの水に関するトラブルを一度起こしたが対処法を取ってその場を凌ぐことができた場合でも後日金属部品が錆びるなどのトラブルが起き、突然タッチパネルが動かなくなる場合もあります。

水没などの経験があり、タッチパネルが動かなくなった場合も修理などを検討するようにしましょう。

また重みや落下の衝撃、踏みつけなどの原因でタッチパネルが反応しない場合は接触不良である可能性が高くなっています。

液晶画面のひび割れなどがあれば、確実に接触不良であるといえるでしょう。

このような状態の場合も上記同様、まずは修理をすることを考えることをおすすめします。

iPhoneの画面にタッチができない時の修理・改善方法

iPhoneのタッチパネルの修理ですがアップルストアで正規の修理を受けることになった場合、保証プランなどに加入していなければ3万円以上の修理代がかかる可能性があります。

新規でiPhoneを購入した方が安い場合もあるため、アップルストアで修理を考えている場合は、買い替えも頭の中に入れておきましょう。

また非正規の修理専門店でタッチパネルの修理を依頼した場合は店舗によって異なりますが8000円から修理を受けてくれる店舗が多いため、比較的に安価で修理をお願いすることができます。

非正規の修理専門店で修理をするか検討している場合は、まず店舗に問い合わせをしてみて大体どのくらいの価格で修理ができるのかなどの見積もりを出してもうらことも良いでしょう。

タッチパネルの修理は、液晶画面のひび割れの修理などよりも手軽なものではないため、価格が高額になりがちなものです。

非正規の修理専門店で修理をすると決めた場合は、いろいろな店舗での相場を比較してみることが安く修理代を抑えるポイントになります。

iPhoneは、突然のタッチパネル動作不良などが起こる可能性のあるものです。

必ずicloudやiTunesにデータのバックアップを取っておくようにしましょう。