iPhoneの液晶画面が映らない表示不良の時の対策法

iPhoneの画面が突然真っ暗になり、全くタッチをしても反応しない状態になってしまうという液晶画面が映らないトラブルは、誰にでも起こりゆるトラブルのひとつです。

全てのiPhoneシリーズで、液晶画面が映らないトラブルは起こるといわれており、原因は主にiPhoneのフリーズ、水没などが考えられます。

iPhone水没の場合のトラブル

水没の場合は、液晶画面やiPhoneの内部に水が入ってしまい、中の部品が錆びてしまったり、おかしくなってしまうため、液晶画面が映らない状態になってしまいます。

このような状態で液晶画面が映らなくなってしまった場合は、自分で改善をすることは難しいため、早急に修理をする必要がありますのでアップルストアや非正規の修理専門店に行きましょう。

水没による液晶画面の故障は、修理代金が少々他のものよりも高くついてしまう可能性がありますが、まずは見積もりを出すだけでも良いので店舗やストアに問い合わせをしてみましょう。

またiPhoneのフリーズが原因で液晶画面が映らない場合ですがこれは大半は電源ボタンを長押しして強制終了させ、再起動することで元の状態に戻すことが可能となります。

困ったときはまずは再起動

iPhoneやスマートフォンは、従来の携帯電話(ガラケー)が高性能になったものではありません。

イメージ的には小さなパソコンに携帯機能がついたものなのです。

そのためパソコン同様、長時間操作をすることや複数個のプログラムを同時に起動させることで本体に負荷がかかってしまい、画面がフリーズしてしまいます。

パソコンはこのような時、マウスを動かしても反応しない、キーボードを押しても反応しないと、モニター以外の部分が全く動かない状態となるため、電源ボタンを長押しして強制終了する方法以外ありません。

iPhoneもパソコンのこのような状況と同じように全てがフリーズし、動かない状態となるため、強制終了し、再起動する以外の方法がないのです。

突然画面が暗くなり、「故障したの?」と思ってしまいがちですが「パソコンと同様なんだ」と思い、まずは電源を落としてみましょう。

iPhoneの電源を落とし、再起動した後でも液晶画面がどうしてもつかない場合、液晶画面と本体を繋ぐ配線にトラブルが起きてしまっている可能性も考えられます。

電源を落とす→再起動のやりとりを数回行い、その後数分間置いてからも液晶画面になにも映らない状態であれば、一度修理を行っている店舗などに問い合わせをしてiPhoneを見てもらいましょう。

修理費用は?

配線の修理は、予算の費用がアップルストアの場合、保証プランに加入していなかった場合2万円以上、非正規の修理専門店の場合、相場1万円以上で修理を受けてくれます。

非正規の修理専門店の場合は、店舗によって費用相場が配線の場合は大きく異なるため、「大体1万円以上」という認識で見積もりをまずは、出してもらうことをおすすめします。

フロントパネルなどの部位の軽傷故障が原因となりiPhoneの液晶画面が映らなくなっていた場合は、非正規の修理専門店の場合は3000円程度で修理をしてくれる店舗もあるため、安ければそのくらいの費用になることもあります。

とはいえ、全てiPhoneの状態によって修理の費用は変わってくるということを忘れないでおきましょう。

iPhoneは非常に処理速度が高くスマートフォンの中でも優秀といわれています。

しかし長時間の使用が続いてしまったり、汚い状態や水が付着している時にiPhoneを操作してしまうことで液晶画面が映らないなどの表示不良のトラブルが起きてしまうことがあります。

このようなトラブルを避けるためにも、日頃からできる限りiPhoneの使用頻度は連続して使わないように気をつけるなど工夫ができるようにしていきましょう。