iPhoneのホームボタントラブル

iPhoneを長期的に使用することで頻繁に起こるといわれているトラブルがホームボタントラブルです。

ホームボタンが故障してしまうと、iPhone自体を操作することも難しくなり、また一切動かすことができなくなってしまった場合、強制終了をすることができなくなるなどのトラブルにも発展してしまうため、ホームボタンにトラブルが生じたら初期段階である程度、直しておく必要があります。

 

iPhoneのホームボタントラブル

iPhoneのホームボタンは、使用することができなくなった場合、設定→一般→アクセシビリティ→AssistiveTouchよりホームボタン同様のボタンをiPhoneの液晶画面内に表示をさせることができます。

このボタンは、ホームボタンが故障してしまった時はもちろん故障していない時でも表示させ使用することができるため、とても便利なものとなっています。

万が一iPhoneのホームボタンが故障してしまった場合は、すぐにこの方法で予備ボタンを液晶画面内に表示できるように覚えておきましょう。

画面に表示される予備ボタンでホームボタン同様の作用を行うことができるため、siri起動、ホーム、通知センター機能などを特に不自由な操作することができることも覚えておきましょう。

デバイスボタンなどもすぐに表示させることができるため、画面回転解除、スクリーンショット撮影、消音解除など様々なことも行えるものとなっていますが、やはり通常で使用しているホームボタンと比較すると少々最初の頃は馴れないため、使いにくさを感じてしまう可能性もあります。

早い段階でホームボタントラブルを改善するためにも、全くホームボタンが動かなくなる前に動きの鈍さなどを感じたらすぐに修理に提出することをおすすめします。

 

iPhoneのホームボタントラブルの原因

iPhoneのホームボタンの不具合は、主にバックグラウンドアプリが大量に使用されている際などに処理が追いつかずに動作不良を起こしてしまっている、アプリのゲームなどによりホームボタンを過剰に使用することでホームボタン全体に衝撃が強く走りすぎることで内部が故障してしまったり、動かしにくい状態となっているなどの原因が考えられます。

最近のiPhoneアプリの中には、ホームボタンを過剰にタッチするゲームなどが流行していることもあり、ホームボタンの反応が悪くなってしまうという方も多いといわれています。

アプリのゲームなどでホームボタンを使用する場合は、なるべく優しく力を入れすぎずに押すようにして、刺激を避けるようにしましょう。

iPhoneのホームボタンも機械であるため、力を込めすぎてしまった場合などは簡単に壊れてしまいます。故障を避けるためにも気をつけましょう。

 

iPhoneのホームボタントラブルの対処法

iPhoneのホームボタンが突然動かなくなってしまった場合は、まずは対処法として電源を落として再起動をすることを行い、上記にあるような動作不良が原因でiPhoneのホームボタンが起動しにくくなっているのかを確かめることを必ず行いましょう。

iPhoneの強制リセットの方法は電源ボタンとホームボタンを同時に長押しする方法となっていますがホームボタン本体が壊れてしまっている場合、全く反応することができずに強制リセットをすることが難しくなってしまいます。

そのため最初から強制リセットをするのではなく、一度通常通りに電源ボタンのみでiPhoneの電源を切って再起動後もどうしても反応が悪かったり、全く反応しないことを確認したうえで、再度強制リセットをすることができるか電源ボタンとホームボタンを使用して確認をしてみましょう。

この時に強制リセットをすることができなければ、確実にホームボタンが故障している可能性も考えられます。

ホームボタンが故障してしまっている場合は、応急処置としてAssistiveTouchを使用して、iPhoneを修理に出すことを検討しましょう。

無水エタノールなどを使用することでホームボタンを直すことができる、何度もデコピンでホームボタンを刺激した後に爪楊枝などの細かいものを取ることができるものでホームボタンの掃除をすると、ホームボタンが直るなどというデマの噂も流れていますがこれらは全て嘘ですので返って刺激を与える原因となり、より壊れてしまう可能性もあるので絶対に行わないようにしましょう。

ホームボタンの修理は、アップルストアで行う場合保証サービスなどに入っていなかった場合でも5000円から3万円前後、非公認の修理専門店の場合は数千円から2万円前後で行うことが可能といわれています。

まずは自分のiPhoneの状態を確認するためにも修理の相談をしてみましょう。