iPhoneのバッテリーを長持ちさせるポイント

ガラケーとは違い、バッテリー消費率が高いのがスマートフォン。

そこで今回は、iPhoneのバッテリーを長持ちさせる方法やポイントをいくつか紹介していきたいと思います。

 

iPhoneのバッテリーを長持ちさせるポイント

バッテリー消費の原因となるアプリを突き止めることは、バッテリーを長持ちさせるiPhoneを作るための最も簡単なポイントとなります。

設定→一般→使用状況→バッテリーの使用状況この順序で現段階でどのアプリがバッテリーをどの程度消費しているのかを確認してみましょう。

使用頻度の低いアプリが大きくバッテリーを使用している場合や今後は使用予定がないものなどに関しては極力アンインストールを行い、バッテリーの消費を抑えるためにもアプリの数を必要最小限に抑えるようにしていきましょう。

またこの確認を行うと”ホーム/ロック画面”という項目が目に入るかと思います。ホーム/ロック画面というものは、ロック中やホーム画面を点灯させている時に消費されているバッテリーの消費量が計算され表示されています。

必要以上に明るい画面設定にされている場合などは、消費量なども増えてしまっており、目の負担も大きくなります。

画面の設定に関しても見直しを一度バッテリー使用量の数字を見て考えてみても良いでしょう。

画面の明るさや表示のレベルも設定やコントロールセンターより調整することが可能となっています。最大にするとバッテリーの使用量は増えてしまうため、適度に明るさを保つことができる明るさに調整をして設定をするように心がけましょう。

またバッテリー消費の原因となるアプリを突き止めることができたら、次にiTunesとAppストアの自動ダウンロードのスイッチをオフにしましょう。

iTunes&App Storeという項目から自動ダウンロードのスイッチはオフにすることができます。

自動アップデートは大きなバッテリー消費にも繋がるため、できる限りオフにしたいものです。

必要なアプリを手動でアップデートすることが良いでしょう。

 

バックグラウンド更新オフは意外と効果あり

またこれと同様にAppのバックグラウンド更新もオフにすることをおすすめします。

バックグラウンドで動作されるアプリは、常にバッテリーの消費をすることにも繋がってしまいますので不要なアプリも使用されてしまいます。

iPhone内で無駄を省くためにも必ず避けるように心がけましょう。

iPhoneやMac間で写真やファイルなどを転送することができるAirDropも実は、バッテリーを消費する原因となっている場合が多いため、利用時のみにオンにする癖をつけることを心がけましょう。

これBluetoothも同様です。

Bluetoothはあまり消費電力の量は多くありませんが常にオンにする必要はないものとなっています。

AirDrop同様に使用時のみにオンにしていきましょう。

これら以外にも不要なアプリ通知をオフにすること、iCloudの同期項目を減らす、Wi-Fi接続をオフにするなど細かいながらも設定をきっちりと見直し、使用頻度に見合ったものに変えることが充電バッテリーの消費を長持ちさせる最大のポイントになります。

 

位置情報サービス使用許可の管理

またiPhoneで現在地を使い、レストランや施設などを探す方には行うことが難しいものとなってしまいますが位置情報サービスの使用許可を管理することもバッテリー消費を抑えることができるポイントに繋がります。

とはいえ、iPhoneの醍醐味でもある位置情報サービスはオフにすることで現在地付近で何があるかなどを探しにくくなるため、オフにしていた場合は、度々オンにしたりなどを行わなくてはならないので返ってバッテリーを多く消費してしまう可能性もあります。

位置情報サービスのオン、オフについては、バッテリーを長持ちさせることを優先するのかどうかを確認したうえで考えて行いましょう。

そして位置情報同様にiPhoneの機能の中でも醍醐味となっているのが共有をオフにすることでバッテリーの持ち時間が長くなるというものです。

自分の位置情報を相手に送ることで、素早くどこにいるのかを相手に確認してもらうことができる、この機能は道に迷っている時などに使用すると非常に便利な機能となっています。

しかしこれも意外とバッテリーを大きく消費する機能の一つであるため、使用するかどうかについては、今一度しっかりと考えて検討したうえで決めていきましょう。

便利なiPhoneですがしっかりとバッテリーを維持させ、必要最小限にバッテリーの使用量を抑えるためにも見直しをしていきましょう。