iPhoneのスリープボタン(電源ボタン)トラブルと対処法

日頃iPhoneの電源を落とすことがなかった場合でも、故障してしまうと意外と困るのがスリープボタン(電源ボタン)です。

強制リセットの際や画面を暗くする際などに使用するスリープボタンは、壊れてしまうと地味に困るものであり、万が一本体の電源が落ちてしまった時にスリープボタンが故障してしまっている場合、再起動することはもちろん電源をつけることもできません。

iPhoneのスリープボタンが故障してしまったら、困る前にすぐにトラブルを回避することができる方法をいくつか紹介したいと思います。

 

iPhoneのスリープボタン(電源ボタン)トラブル

まず意外と多いiPhoneのスリープボタントラブルの代表であるスリープボタンの陥没です。

iPhone4以降のiPhoneシリーズのスリープボタンの陥没トラブルは年々増加している傾向にあると言われており、一度スリープボタンが陥没してしまうことで

「元に戻らない」

「押すことができない」

「電源が切れない」

などのトラブルが続いているといわれています。

 

ボタンが陥没してしまう主な原因は、ボタン本体の内部が破壊される程の衝撃が加わること、周りの部品が変形してしまう程の圧力などがかかってしまうことが基本といわれています。

これら以外にもiPhoneの使用頻度が多く、内部の金属の弾力が失われてしまうことによりスリープボタンを押した時に押し込まれすぎてしまい、その結果スリープボタンが陥没してしまうことなども考えられます。

このような状態になってしまった場合、自力でスリープボタンをほじくり返して出した場合でも内部自体が弱っていることがあり、すぐに元の陥没した状態になってしまうため、一度アップルストアに問合せをしてみるもしくは非公認の修理専門店に見てもらいにいくことが良いでしょう。

最悪の場合、スリープボタンの陥没が原因でiPhoneの電源をつけることができなくなる場合もありますので、電源がつかなくなってしまう前にしっかりと直しましょう。

もしスリープボタンが陥没してしまった場合は、あまりスリープボタンには触れないようにしておくことが必要となります。

むやみに触ることでさらに状態を悪化することを防ぐためにも触れないようにしましょう。

 

スリープボタンそのものが故障してしまった場合

次に、スリープボタンそのものが故障してしまった場合です。

陥没などは一切せずに押しても反応がしないなどのトラブルが起きてしまった時は、AssistiveTouchを使用して一度電源をオフにしましょう。

AssistiveTouchは、ホームボタンが故障してしまった際にも使用できる優れもので、設定→一般→アクセシビリティ→AssistiveTouchで出すことができます。

AssistiveTouchは液晶画面内にホームボタン同様の動きをすることができる丸いボタンが現れます。

AssistiveTouchのメニューが現れたら、このメニュー内より電源をオフにする操作を行いましょう。

その後に再度スリープボタンを長押しすることで大抵は、動作不良などが原因であるため、元の状態に戻ります。

しかし極まれに一度電源を落としてしまったら、スリープボタン本体が故障していることもあり、元の状態に戻すことができない場合があります。

万が一スリープボタン本体が危ないことを確認することが事前にできていたり、スリープボタンが故障するようなことに心当たりがある場合は、電源はオフせずにそのまま修理に出すようにしましょう。

一度スリープボタンが壊れたまま電源を落としてしまうと復元をするまでに非常に大変なことになることも考えられます。

本当にスリープボタンが動作不要や処理速度の問題で使用することができていないのかなどをしっかりと確認して電源の切るか切らないかは検討をするようにしましょう。