MIDI(ミディ)は演奏情報をデータ化

楽譜を見ながら、楽器を演奏している人は、頭の中で、楽譜から得た情報を、その楽器のポジションに置き換えることによって、楽譜に表示されている連続した音符を、実際の音楽として、表現することができます。

では、デジタル化された演奏情報を、他の楽器でも、同じように表現することは、できるのでしょうか?
それを可能とする規格が「MIDI(ミディ)」と呼ばれているものです。それまで、メーカーによって独自に策定していた、電子楽器の演奏情報の保存形式を、国内外のメーカーが共同して、統一化したのが、この規格です。

1982年の10月に、米国の音楽雑誌で、最初のバージョンが、公開されました。

 

MIDIとは?

保存した演奏情報のデータを再生する電子楽器が、その演奏データを作成したものとは、異なるメーカーの製品であっても、問題なく演奏を再現できる規格です。

この場合のデータは、あくまで演奏情報のみであり、実際に演奏している音が、そのまま記録される訳ではありません。

そのため、演奏を再生する側で、別個に音源が必要となります。その代わりに、演奏データ自体の容量が少なくて済む、と言う点が、大きなメリットとなります。

そのため、通信カラオケや、携帯電話の着信メロディにも、採用されています。どちらも、できるだけデータの容量を抑える必要がある分野です。

 

「MIDIケーブル」と呼ばれている専用のケーブルで、対応している電子機器同士を、接続する必要があります。

ただし、MIDIデータを複数の機器を経由して、転送する場合には、途中の機器の内部で、一度光信号に変換することが、規格上、必要であるため、経由する機器の数が増えるに従って、信号の遅延が発生します。

この遅延がある程度まで進むと、複数の電子楽器の演奏を同期する場合に、影響してしまいます。

これは、MIDI信号を、経路の途中で分岐する機器を利用することによって、解消する問題です。

 

MIDIの表現

どの音を出したのか、と言うような単純な演奏情報以外にも、どの音色を利用したのか、及びどの程度の強さで、その音を出したのか、と言うことまで、MIDIのデータとして、保存することが可能です。

ちなみに、この音の強弱に関しては、127段階で、表現することが可能です。また、音域は、ピアノよりも広い範囲に対応しています。

他にも、シンセサイザーなどの鍵盤楽器に特有の手法である、ピッチの変更などの細かい演奏技術も、MIDIデータとして、保存することができます。

実際には、手元に楽器を用意する必要さえありません。なぜなら、現在では、パソコンなどの端末で、MIDIデータを作成することが可能だからです。

 

この方法であれば、楽器を演奏する技術がない人であっても、端末の画面の中で、手順に従って音符を入力すれば、どのように複雑で、難易度の高い演奏でも、再現することが可能となります。

作成したMIDIデータを、電子楽器に転送すれば、すぐに演奏を楽しむことができます。

また、楽器がなくても、パソコンに、標準で内蔵している音源を利用すれば、他の人から送信されてきたMIDIデータを、すぐに再生することができます。

もちろん、音質に付いては、利用する音源によって異なりますので、電子楽器で聞いた方が、高音質の演奏を楽しめるのが、通常です。

最近では、MIDIに対応した音源のみが入った製品も、提供されています。これは鍵盤も付いていない製品ですが、MIDIデータを転送すれば、高音質の音源によって、データを再生することができます。

 

MIDIのある世界

パソコンによる音楽制作が、現在の主流となっていますので、MIDIを利用することなく、音楽を制作することも、楽しむこともできる環境が、一般的になりつつあります。

それでも、音楽制作の分野では、非常に重要な規格であることは、間違いありません。特に、高い互換性によって、メーカーによる制限が、基本的に、存在していない部分は、他の分野の製品でも、ぜひ、見習って欲しいところです。

今後も、音楽のあるところには、それを支える存在として、このMIDIが、縁の下で頑張り続けるのでは、ないでしょうか?

それでも、いつかはこの規格も、退役する時期がやって来るのでしょう。例えば、楽器自体に、無線ネットワークを利用できる機能が、標準で搭載されるようになり、それを利用して、演奏データを全てのメーカー製の機器で、共用できる新規格が登場すれば、確かに、必要なくなるのかも知れません。

それでも、メーカーに関係なく、すべての電子楽器が接続できる、と言う設計思想自体は、今後も、全ての分野で生かされることが、望まれます。