オール・フラッシュ・アレイは理想的なストレージ

大量のデータを扱っている企業などでは、その保存先として、複数のHDD(ハードディスクドライブ)を組み合わせた「ディスク・アレイ」を利用してきました。

安価で購入できるハードディスクであれば、低コストで、大容量のデータを保存することが求められる、記憶装置としての要件を、満たすことができます。

しかし、その性能の面から細かく考えると、データを読み書きする速度は一定のレベルを超えることができません。

また、回転部が存在することによって、機械的なトラブルが発生する可能性も考える必要があります。

同様に、消費電力を極端に抑えることも困難です。

その他に、温度の上昇や動作音のことも無視できない部分です。

また、ディスクを回転させるために、モーターなどの部品が必要であり、コンパクト化するにも限界があります。

その点では、その後開発された「SSD(ソリッドステートドライブ)」の方が、優れていることは明白です。

現在のところ、価格の面では、まだまだHDDの方が、優位性を保っているようです。

しかし、将来的には、このSSDを複数組み合わせた「オール・フラッシュ・アレイ」が、全ての大容量ストレージ(記憶装置)の分野で、採用されるようになりそうです。

オール・フラッシュ・アレイとは?

オール・フラッシュ・アレイとは、構成する全てのドライブが、SSDであるディスク・アレイのことです。

現在の主流となっているような、ハードディスクで構成されたものに比べると、より高速で、データの転送を行うことができ、しかも、機械部分が存在しないことにより、トラブルも少なくなる点が特徴です。

その他にも、消費電力の減少と発熱量の低下などの効果、及び設置場所の節約や静音性の向上も実現することが可能です。

現在のところ、生産量が少ない関係で、その価格は、HDDに比べるとかなり高額となっています。

しかし、そのようなデメリットも含めて、全てをトータルして判断すれば、結局は低コストではないか、と判断することもできます。

企業でも、このタイプの大容量ストレージの採用を検討するところが増えているようです。

それに対応して、メーカーにおいても、かなりの低価格化を進めていますので、近い将来には、HDDの価格面での優位性は失われてしまうことが予想されます。

オール・フラッシュ・アレイは、メリットだらけ?

SSDには、HDDと異なる制限が存在します。

それは、長期間利用していると、最終的には、正常にデータの読み書きができなくなる「書き換え寿命」を迎える点です。

これは、単にハードディスクで利用しているデータの書き込み方法を、そのままSSDのシステムへ移行した場合に顕著な現象となります。

しかし、最近のメーカーでは、このようなSSDの特性を考慮した、新技術を、いくつか開発しています。

例えば、その中の一つが「重複排除」と呼ばれているものです。

通常は、複数のファイルを書き込む際に、その一部に全く同じデータが含まれていても、そのまま、ユーザーの希望通りに、ストレージに書き込みます。

しかし、それはSSDの寿命を縮めてしまう、無駄な動作となります。

書き込んだ複数のファイルの中に、全く同じ部分がある場合は、最初に書き込んだファイルの中身だけを保存すれば、更に、同じ部分を重複して書き込む必要はありません。

これを実現する技術が、この重複排除です。

これ以外にも、SSDの特性を利用して、できるだけ寿命を延ばす技術が、次々と開発されていますので、SSDの寿命が大幅に伸びることは、確実です。

最終的に、HDDの優位性は、この面でも、やはり失われることになりそうです。

オール・フラッシュ・アレイのこれから

唯一の問題と言える書き換え寿命の面でも、技術が進歩してきました。通常の利用方法では、ストレージとしての役目を終えて、次のドライブに交換するまでの間は、特に、寿命を気にする必要がなくなることが予想されます。

そうなると、価格の低下に伴って、次々と、SSDを搭載したストレージが、利用されるようになる、と思われます。

現在の主役であるHDDは、滅多に読み出す必要がないデータ専用の保存場所として、裏方に徹する運命、となりそうです。

それまでは、両方のストレージを併用して、利用することによって、それぞれのメリットを活かすのもコストの面では有効かも知れません。

価格の面で、HDDの優位性が完全に失われるまで、まだ時間がかかると思いますが、いつの段階でその立場が逆転するのかが非常に気になるところです。