遠隔操作ウィルス自分には関係ないの?

過去にも、大きな問題となった「遠隔操作」を行うことができるマルウェア(不正プログラム)ですが、これは、一部の特別な人のパソコンを対象とする脅威なのでしょうか?

それとも、誰の利用しているパソコンにも、同じ脅威が発生する可能性があるのでしょうか?

それには、このような不正なプログラムが、どのような方法によって、パソコンなどの通信端末の中に侵入するのかを知っておく必要がありそうです。

 

遠隔操作ウィルスとは?

遠隔操作ウィルスとは、パソコンなどの通信端末を所有している人の意思に関係なく、悪意を持った人が遠隔から勝手に操作することができるようにする不正なプログラムのことです。

自己増殖能力がなく、正確には「ウィルス」と言うよりも「トロイの木馬」と呼ばれているものに分類することができます。

この手のプログラムは、見た目は、問題のないように見える他のプログラムの中に隠れて、パソコンにインターネットされる可能性があります。

例えば、掲示板などで、かなり有益なアプリケーションを無料で配布しているような場合に、その中に紛れ込ませることによって、いつの間にか、端末の中に侵入させる手法などが知られています。

ほとんどの場合、その侵入には気がつかない、と思われます。

また、この不正なプログラムが、密かに何らかの作業を行っていても、通常は、その端末の所有者が、同時に他の作業を行うことができるため発見することは困難です。

ただし、日頃から自分の端末のCPUやメモリーの利用率をチェックしながら、作業を行っている人であれば、通常よりも動作がわずかに重くなっていることに、気がつくことによって感染が発覚する可能性が、若干存在します。

 

遠隔操作ウィルスの対策

やはり、セキュリティ対策ソフトを、常に最新の状態に維持しておき、定期的に、端末の完全スキャンを行う習慣をつけることが、一番の対策と言えます。

また、その端末で使用しているOS自体が、古い場合には、どうしても侵入しやすい環境となります。

その端末に対応しているOSが、更新された時には、すぐにアップデートを行うことによって、OS自体のセキュリティレベルを向上することができます。

また、無料だからと、すぐにアプリをインストールすることは、考えものです。セキュリティ対策ソフトがインストールしてあれば、簡単には、侵入できない、

…とは言っても、実際に、遠隔操作プログラムによる事件が発生しているわけです。

そのため自分だけは大丈夫、と言うような思い込みは危険です。

どうも、今日は端末を操作したときの反応が、いつもと違うな、という時には、最近、無料のアプリをインストールしていないか、思い出して下さい。

同様に、掲示板や、SNSなどで、初めて訪問したWebページに表示されているリンクを、軽い気持ちでクリックした記憶がないでしょうか?

この手の不正プログラムに侵入された時には、すぐにインターネットへの接続を止めて、セキュリティ対策にソフトによって、その端末の完全スキャンをすることをお勧めします。

それでも、問題が解消しない場合には、OSの再インストール(リカバリ)などの方法によって起動用のシステムを完全に入れ替える必要があります。

 

遠隔操作ウィルスの脅威

過去に問題となったタイプの不正プログラムであれば、すでに、セキュリティ対策ソフトのデータベースの中に、情報が存在していますので、侵入される可能性はまずありません。

しかし、この瞬間にも、不正プログラムは、改良されているはずです。

更に、巧妙な方法で侵入できるように進化していくのが通常です。

常に、侵入を防ぐことができるような対応が必要となります。

また、怪しいWebサイトには、できるだけ近づかないようにすることも、重要な対策と言えます。

一般的に、良く知られているメーカーなどの公式サイトであれば、無料のアプリをインストールしても問題はありません。

しかし、それ以外のサイトで、無料提供されているアプリには、もしかしたら、歓迎できない贈り物が入っているかも知れません。

日頃から、自分の利用しているパソコンなどの端末のCPU、メモリーの利用率を確認していれば、ささいな変化でもすぐに気がつくことができます。