利用者側ができるWi-Fiスポットのセキュリティ対策

気軽に高速回線でインターネットへ接続できるうえに、基本的に無料で利用できるWi-Fi(ワイファイ)スポット。

 

しかし、これほど便利なサービスなのに、ときどき危険性を指摘されているのは、なぜでしょうか?

 

この記事では、Wi-Fiスポットで提供されているサービスをできるだけ安全に利用する方法を紹介しています。

 

 

ほとんどの利用者が、とりあえず接続できればそれでヨシ、という感覚で利用しているWi-Fiスポットですが、ちょっと気をつけるだけで、セキュリティ度がアップします。

 

設置している側で、その提供しているWi-Fiスポットのセキュリティのレベルを上げればすむ話ではありますが、それが期待できない場合は、こちら側で対策をとる必要があります。

 

そのヒントになれば幸いです。紹介している方法は、Wi-Fiスポット以外でインターネットへ接続しているときにも役立つ方法です。

 

 

安全に利用したいWi-Fiスポット

 

Wi-Fiスポットも、色々な設置パターンが存在しています。

 

お店の人の好意から、自宅にあった無線ルータを設置しているもの、スマートフォンの契約に付属しているサービスとして専用の機器を提供しているもの等です。

 

Wi-Fiスポット専用機器を設置している場合は、セキュリティの方式が「WPA」以上のある程度複雑なパスワードを使用していれば、とりあえずは安心できます。

 

 

それ以外の場合、例えば全くセキュリティ対策を講じていないWi-Fiスポットや、セキュリティの方式が「WEP」であるWi-Fiスポットでは、通常の利用方法でのインターネット接続は危険性が高くなります。

 

できれば、その場所では、パソコンであれば、手もとにあるスマートフォンのテザリング機能を利用してのインターネット接続等へ切り替えることをおすすめします。

 

 

どうしても、セキュリティレベルの低いWi-Fiスポットでのインターネット接続が必要であるときは、次の章で紹介する方法でインターネット接続をおこなうことにより、Wi-Fiスポットでやり取りしているデータを盗まれても、簡単にその内容を解析することができなくなります。

 

携帯キャリアの提供しているWi-Fiスポットは、提供している通信会社のホームページでセキュリティのレベルが公開されています。

 

 

どうするセキュリティ対策

 

まずは、万全なセキュリティ対策をとっているウェブページにだけ接続することです。

 

このようなウェブページであれば、通常であれば、通信自体を暗号化せずにおこなっているウェブページと、ウェブページを提供しているサーバ間のデータ通信を暗号化します。

 

このようなページは、URL(ウェブページのアドレス)の先頭の表示が「https://」となっています。通常は「http://」です。「s」が追加されています

 

 

例えば、ヤフージャパンのウェブページから、自分の利用しているYahoo!メールのページへログインして下さい。

 

URLの先頭部分が「https://」であることがわかると思います。これならば、万が一通信を傍受されても、中身を解析することは困難です。

 

パソコン等でメールを送信する際に、その機器にインストールしてあるメールソフトで暗号化設定をしていなければ、平文で送信することになります。

 

それならば、暗号化してあるウェブページから、ウェブメールの形式でメールを送受信することおすすめします。

 

 

 

次に、暗号化対策のされたインターネットVPNで、取引先の相手方等とのデータ通信をおこなうことで安全な通信が可能です。

 

しかし、これには相手先の対応(必要な機器の設置等)が必要となります。それよりも、上記のウェブメールと同様に、データをいちどウェブ上に保存しておき、それを相手方がダウンロードするという方法でも、セキュリティ対策のおこなわれているウェブサイトを利用するならば、問題ありません(例 Yahoo!ジャパンの提供している「Yahoo!ボックス」サービスはURLが「https://」からはじまります。)

 

 

安全で快適なWi-Fiスポット利用

 

前の章にあげた対策以外にも、Wi-Fiスポットに同時接続されている別の通信端末からの侵入に備えて、セキュリティ対策ソフトをインストールしておく必要があります。

 

このようなソフトには、ネットワークから侵入してくる信号を検知すると、それを遮断して利用者に警告をおこなう機能(ファイアーウォール機能)があります。Wi-Fiスポットを利用するさいには、その機能が必要となります。

 

 

いくつか書いたWi-Fiスポットでの対策は、自宅や、職場でのセキュリティ対策としても有効な方法となります。

 

どこにいても、常にセキュリティ対策を考えたインターネット接続を考える習慣がつけば、自然と、利用しているネットワーク環境のセキュリティのレベルが気になるようになると思います

 

それが、もっとも重要なセキュリティ対策ではないでしょうか?