エンタープライズ・クラウドは業務系サーバアウトソージングの終着点?

クラウドのサービスも、いくつかの基準によって分類することができるようです。

例えば、専門の業者が、他の企業に提供することを目的として、提供している「パブリック・クラウド」などの用語は、よく例えに使われているようです。

それに対して、その企業が独自に用意した設備によって、サービスを提供している場合は「プライベート・クラウド」と分類されるようです。

しかし、この分類では、クラウドで提供されているサービスは、あくまで、ある企業が対応する必要がある業務の一部を、クラウドのサービスに置き換えたものを示しているに過ぎません。

もしも、独自に用意したコンピューター基盤に基づいて、業務に直接関係のない部分を含めて、その企業内のほとんど全てのシステムを、クラウド化した場合にはなんと呼ぶべきでしょうか?

どうやら、このような形態を「エンタープライズ・クラウド」と呼んでいるようです。

 

エンタープライズ・クラウドとは?

エンタープライズ・クラウドとは、単に自前で用意した設備によってクラウドのサービスを提供するだけではなく、その企業に関する運用、セキュリティ対策などの企業活動の全般に関連するシステムまでを含めて、全てに対応する形態のサービスです。

専門の事業者が提供しているパブリック・クラウドとの違いは、その企業向けに特化したクラウド・サービスを開発することが可能である点です。

また、企業にとって重要なデータを、外部のデータセンターに預ける必要がありませんので、セキュリティ対策の面でも安心できる環境と言えます。

その企業の業務に特化したサービスであれば、現在の業務に対応したメニューが見つからない、と言うようなパブリック・クラウドであり得るような問題も発生しません。

しかし、サービスを運用するコストの面では、どうでしょうか?

一部の業務のみであれば、通常、パブリック・クラウドのサービスを利用した方が、低コストで運用できる可能性が高くなります。

しかし、ある程度以上の規模となった企業では、その企業グループに関連する全ての業務を、外部のクラウド・サービスによって、運用するよりは、独自に設備を用意して、実際の業務内容に適したクラウド・サービスを開発した上で、企業全体を運用した方が、結局は、低コストで安心できるシステムを提供できるようになります。

クラウドのサービスを運用する拠点を、1ヶ所にすれば、結局、設備コストも抑えることが可能となります。

 

エンタープライズ・クラウドにメリットは?

一般的には、プライベート・クラウドから、パブリック・クラウドへ移行するパターンが、予想されますが、実際には、そこまで簡単な話ではなさそうです。それは、その企業の規模と、業務の内容と、扱っているデータの保管に必要とされる、セキュリティのレベルによって、外部のサービスが最適、とは言えない場合もあるからです。

例えば、自宅で、サーバーなどの設備を準備して、一人で運用している事業であれば、通常は、クラウドのサービスへ以降することによって、大幅に運用コストが、削減できるはずです。しかし、ある程度の規模になれば、業務に関係する人も、取引先も増えますので、事業に付随する諸々の業務が、増加するのが通常です。そうなると、一部の業務のみをパブリック・クラウドに任せるよりも、付随する全ての業務までを含めて、独自に開発したクラウド・サービスによって、対応した方が、低コストで、安全な業務環境が、実現できる可能性もあると思われます。

エンタープライズ・クラウドのこれから
特定の業界に特化したサービスの提供が、予想されるのではないでしょうか?例えば、放送に特化したものであれば、複数の放送局が、1つのクラウド・サービスを利用して、放送に関連する全ての業務に対応する形態です。関係者の雇用関係や、各設備のセキュリティ対策や、経理関係も含めたシステムを、所属する業界団体が運用している、データセンターに設置されたサーバーによって、管理すれば、経費の面では、大幅なコストダウンが、実現できるでしょう。

また、放送業務に特化した独自のクラウド・サービスを開発することによって、外部のクラウド・サービスでは、対応がとても期待できないような、細かいサービスを提供することも、可能となりそうです。このようなメリットは、その業界の規模が、大きければ大きいほど、高い効果が期待できますので、今後の流れとして、定着するかも、知れません。