ポータブルアンプ(ポタアン)の実現するサウンド

毎日、スマートフォンなどで音楽を楽しんでいる人にとって、その音質はどのように評価されているのでしょうか?

特に外出先であれば、自宅に設置している大きなスピーカーや、高性能のアンプを持ち出す訳にもいきませんので、利用するヘッドフォンに少しお金をかけて音質が良い、と評判になっているタイプを使用する程度で満足していないでしょうか?

確かに、スマートフォンや、ポータブルタイプの音楽プレーヤーのように、外出先で利用することを前提としている端末では、まずは、その大きさを、できるだけコンパクトにする必要があります。

 

次に、多数の機能を一つの端末に搭載しながら、その価格を抑える必要もあります。

そのため、音質に拘った設計をすることが困難となり、音楽を再生する際に大変重要な要素である「アンプ」には、あまりコストをかけていません。

実は、それを補完する機能を持っている製品が、最近では人気商品となっています。

それが「ポータブルアンプ(通称 ポタアン)」と呼ばれているものです。

 

ポータブルアンプとは?

ポータブルアンプとは、見た目はスマートフォンと同じか少しだけ大きなアンプですが、家庭内で使用されているオーディオ・アンプにも引けをとらない程度の性能を持っている、携帯型のヘッドフォンアンプです。

スマートフォンとの接続には、アナログの音声出力ケーブルを利用する方法とUSBケーブルを利用して、デジタル化された音楽データをそのまま入力する方法(USB-DAC)に分かれます。

当然、デジタル情報のままで受け取る方が、高音質での再生を可能とします。

もちろん、ヘッドフォンを外して、家庭用のオーディオシステムに接続すれば、スピーカーからでも音を出すことが可能です。

各メーカーから、多数の製品が提供されていますが、その価格にはかなりの開きがあります。

おおまかに分けると入力がアナログであるのかそれともデジタルであるかによって価格が異なります。

また、同じ入力方式であっても、入力された音声情報をいかに高音質で再生できるか、と言う部分で、高性能の部品(DAコンバーター)を搭載しているタイプはどうしても高価になります。

 

ポータブルアンプの性能

実は、ヘッドフォンの前に接続する「パワーアンプ」の前に、更に「プリアンプ」として、専用の機器を接続するタイプの製品もあります。

これらを全て接続すると、結局のところ、スマートフォンやiPhoneの本体以外に、2つのアンプを接続して、計3台の機器を同時に使用して、音楽を楽しむことになります。

インターネット上にも、この「3段重ね」の様子を撮影した画像を、見つけることが可能です。

かなりの重さにはなりますが、プリアンプと、パワーアンプアンプは、光ケーブルで接続できるタイプであれば、デジタル音源をそのまま利用するため、音質の劣化はなく、プリアンプの役目も専用の機器で対応することによって、人間の聴覚でも分かる程度の音質向上が期待できます。

 

要は、スマートフォンなどの端末には、単に音楽データを保管する場所としての役目だけを与えて、実際に音楽を再生する機能は、外部の機器に任せる方が、高音質の音楽を楽しむことができる、と言うことになります。

これにプラスして、ヘッドフォンも、それなりの出費にはなりますが、評価の高いタイプを接続すれば、移動中でも、高音質の音楽を楽しむことが可能です。

最近、注目されているCDよりも、高音質の音源である「ハイレゾ」にも対応している製品がほとんどです。

ここまで来ると、自宅でも、スマートフォンを利用して高音質の音楽を楽しむ生活が一般化するかもしれません。

 

ポータブルアンプで広がる世界

小さくても、高音質の音楽を提供できる仕組みがあれば、苦痛を、娯楽に変えることができそうです。

例えば、毎日、満員電車で過ごす時間帯が、楽しみになるかも知れません。

それくらいの楽しみがあっても良いのではないでしょうか?

毎日、スマートフォンなどで聴いている音楽の音質に、慣れきっている人ほどその差に驚くのではないでしょうか?

そして、その音楽を作った人が、本当に目指している世界を、感じることができるかも知れません。

それによって、これまでの世界が少しだけ広くなることが期待されます。

ひとまず、売り場に行って自分のスマートフォンをテスト機に接続して、音質の変化を確認することをお勧めします。