データ復旧は最後の砦

パソコンなどの端末で、一般的に利用されている記憶装置は簡単にデータを保存できる上に、その電源をオフにしても保存しているデータが消去されずに残ります。

このように、大変便利な反面、ある日、突然に、保存しているデータを取り出すことが、できなくなるような事態が発生してしまいます。

このような場合に、その取り出せなくなったデータを復旧する方法はないのでしょうか?

 

データ復旧とは?

データ復旧とは何らかの事情によって、一度保存したデータが、記憶装置から取り出せなくなった場合に、そのデータを復旧することを言います。

データの取り出しを行うことができない場合でも、その記憶装置のエラーをチェックして問題のある部分を専用のプログラムによって復旧することに成功すれば、データも元の状態に戻っている可能性があります。

しかし、そのような方法によっても、その記憶装置の状況に改善がなければその他の方法を試す必要があります。

それは、データの復旧に特化された機能を持っている専用のアプリケーションです。

中には、無料で提供されているものも存在しますが、機能的には有料のアプリの方がデータを復旧できる可能性が高いようです。

その記憶装置を利用している人が、意図的に、記憶装置のデータを完全消去したのでない限り、消去したデータであっても、実際には、データ本体が残っている可能性が高い、と言えます。

例えば、間違って、必要なデータをゴミ箱に入れて、削除しても、単に、物理的なデータの保存場所を管理している「インデックス」から、消去したデータの情報が、消去されるに過ぎません。

このような状態であれば、比較的容易に、消去したデータを、復元することが可能です。しかし、すぐに復旧を行わないで、他のデータを、大量に書き込んでしまうと、復旧は困難となります。誤って、必要なデータを消去したら、すぐに復元を行うことによって、そのデータを復旧できる可能性が、高くなる、と言うことになります。

逆に言えば、完全に復旧できないようにすることを、希望するときは、そのデータを消去した後で、大量のデータを書き込むことによって、目的を達成することが可能となります。

 

データ復旧の限度

問題は、外付けの記憶装置自体に問題が発生した場合や、パソコンなどの端末に内蔵されている記憶装置に、問題が発生した場合です。記憶装置のトラブルを修復するツールによっても、改善がない場合は、できるだけ早急に、専門の業者へ、データ復旧を、依頼する必要があります。

当然ですが、このような作業には、かなりの対価を支払う必要があります。新品のパソコンを購入できるのではないか、と思えるような金額になることも、ありますので、保存しているデータの重要度によって、判断することになります。

日頃から、重要なデータに限っては、外付けのUSBメモリーなどに、バックアップをとっておく習慣をつけることによって、このようなトラブルを、避けることができます。

自動でバックアップを行う仕組みが、その端末にインストールされているOSから、提供されている可能性もありますので、一度、利用しているOSの機能を、確認することをお勧めします。

複数のハードディスクなどの記憶装置を持っている人であれば、その一つを、バックアップ専用として使用すれば、安心度がかなりアップします。

 

データ復旧の将来

最近では、クラウド上のサービスとして、データを保存できる領域を、提供していますので、こちらも有効利用したいところです。

このようなクラウドのサービスであれば、そのIDと、パスワードの管理さえ間違えなければ、セキュリティ対策の面では、外付けの記憶装置を利用する方法よりも、安心できます。

また、バックアップ用に利用しているハードディスクなどの故障によって、データを失ってしまうこともありません。

将来的には、クラウドのデータバックアップサービスを利用する手法が、一般的になることが予想されます。

インターネットに接続できる環境さえあれば、どこにいても、データにアクセスできる点も、現在のセキュリティ対策の傾向に合致しています。

重要なデータを、カバンに入れて、持ち歩く必要がないところは、決して、無視できない利点です。