鉄道好きにピッタリのアプリ「乗り鉄撮り鉄」

公共交通機関を対象とする趣味はかなり歴史のあるものですが、スマートフォン用のアプリの中には、その趣味を更にレベルの高い世界にまで高めることを手助けできるものがあるようです。

それが「乗り鉄撮り鉄」と呼ばれているアプリです。

単に、時刻表を検索することができるだけの一般的なアプリとは、かなり異なる機能を用意している無料のアプリです。

 

乗り鉄撮り鉄とは?

鉄道ファンを対象とする、各種の便利機能を搭載したアプリです。

JRや、私鉄などの各駅を訪問した日時の記録と、メモを、簡単に作成することができます。過去のメモを検索する機能を、利用することによって、過去に訪問した駅毎に、その特徴的なサービス(駅弁など)を簡単に確認することが可能です。

撮影した写真を、訪問した駅毎に分類することが可能ですので、駅の名標(駅名表示)などの記念撮影を行って、その駅に訪問した証拠とすることができます。

 

各駅のデータをアプリの中に収録していますので、秘境地にある駅などで、モバイル回線の圏外であってもすぐに情報を確認することができます。

便利機能としては、GPSを利用して、指定した駅に近づくと、通知が行われる機能などが提供されています。

その駅への経路の検索に関しては、iPhoneのマップアプリや、グーグルマップと連携できますので、例えば、グーグルの提供している「ストリートビュー」のサービスを利用して、駅の周辺の画像を確認することが可能です。

 

乗り鉄撮り鉄の提供する世界

いかにも、趣味で、鉄道を利用している向けであると思える機能も多数提供されています。

例えば、路線毎の駅の訪問達成率や、訪問した駅の数、その路線の駅の総数などを簡単に表示して、あといくつで、その路線の全ての駅を訪問できるかを確認できる機能。

訪問する予定日を登録すると、それぞれの駅の位置情報をメールで送信する機能。駅に到着したことを撮影した写真付きで、簡単にFacebookなどへ投稿できる機能などが提供されています。

 

一般的なビジネスのツールとしても、利用できそうな機能もありますので、趣味と、仕事の両面で、有効利用できそうなアプリです。

このようなアプリの開発では、まず遊び心を満たす必要があるため、ビジネス用のアプリとは、全く異なる苦労がありそうです。

しかし、趣味で楽しめるアプリは、同時にビジネスでも、かなり使えるようです。初めての取引先に、知らない路線を利用して訪問するような場合には、訪問時間を守ることを助けてくれそうです。

 

乗り鉄撮り鉄で満足度アップ

このアプリが、少なくとも一定の趣味を持っている人にとって、かなりの喜びを与えるアプリであることがわかると思います。

しかし、無料で提供されている、このアプリが、他の分野でも有効に利用できる可能性も否定できません。

一度、手持ちのiPhoneや、iPadへインストールしてみては、どうでしょうか?通常の生活では、まず訪問することがないような、秘境の地で営業している駅に、実際に訪問したような気分になれるかも知れません。

 

すでに廃線となった一部の路線の情報さえ、確認することができるアプリですので、過去にも遡ることができそうです。

このようなアプリの存在によって、これまで経験のない世界を垣間見ることができるのではないでしょうか?

 

鉄道を趣味の対象とすることは、最も安全で広大な世界を探検する、と言うことです。

このアプリは、日本国内の鉄道のみを対象としていますが、日本国内だけではなく、世界中の鉄道まで含めると、すべてを征服するだけで一生かかるかも知れません。