インターネットの可能性(クラウド編)

最近、やたらと話題になっている「クラウド」とは、一体なんでしょうか?

日本語に訳すと「雲」ですが、それと関係あるのでしょうか?

この記事では、我々の生活様式に影響を与える可能性があるクラウドについての情報を紹介しています。

 

すでに、一般的な存在になったインターネットを、さらに便利に使いこなせる機能がクラウドです。

この機能によって、これまで必要不可欠であったコストを減らすことができますし、あたらしい仕事の手段も提示されます。

いままでのように、特定の相手方とのやり取りだけではく、その他多数の仲間とのつながりをつくることが、クラウドを利用すると簡単に実現できます。

それによって、あらたなビジネスチャンスがやって来るかも知れません。クラウドは、チャンス・メーカーでもあります。

 

インターネットによるクラウドの意味

インターネットのような大規模ネットワークの仕組みを説明する際に、わかりやすいように、その概略図を書くことがあります。

その図の中に、大きな雲状の円を描いて、それを大規模ネットワークに例えることがよくあることから、「雲」=英語で「クラウド」の呼び名が決まりました。

 

しかし、それだけでは、何を意味するのか不明です。

要は、これまで各メーカーが、ユーザーのパソコン一台ごとに対応していたアプリケーションのインストール作業を不要にする、ということです

また、これまでパソコンユーザーがおこなっていた周辺機器の増設(特にハードディスク等)が不要になる、ということです

 

では、どうやって不要にするのでしょうか?

簡単にいうと、クラウドでは、あるアプリケーションを利用したいときだけ、インターネット上の特定のウェブページを開けば、パソコンに必要なアプリケーションが入ってなくても、そのアプリケーションの機能を利用できる、ということです。

例えば、電子メールや、お絵描きソフトは、パソコンで特定のWebページに接続すれば、その中でも当たり前に利用できることを思い出して下さい。

さらに、別の場所にいる人と協力して、クラウド内の同じ業務用システムを開いて、一つの仕事を完成させることもできます。

 

インターネットによるクラウドの可能性

クラウドの利用による恩恵をうけるのは、すべての利用者です。

アプリケーションを販売しているメーカーにとっては、そのプログラムの不具合が発見されるたびに、大至急でアップデータを配布して、各ユーザーにそのインストールを促すことがあります。

クラウドでは、その手間を省くことができます。問題が発生しても、クラウドで提供するサービスの不具合を修正すれば、それで足ります(接続しているパソコンごとの対応は不要です)。

 

これまで、遠方に出勤していた人も、クラウドを利用できれば、いままで全く利益を生むことのなかった、無意味な時間を利益にかえることができます。

セキュリティ面でも、安心のできるサービスをクラウド内で用意すれば、これまでのようにメールや、ファイルの送信をするたびに存在した、情報が流出する可能性が極限まで低くなります。

あらゆるサービスが提供されているクラウドですが、いままで自宅のパソコンに接続していた外付けハードディスクに保存していた重要情報をクラウド内に保存することができます。

 

これはセキュリティ対策としては、非常にレベルアップしたやり方に変更したといえます。

この方法で情報を管理すれば、パソコンとその周辺機器を丸ごと盗まれても、情報の流出はおこりません。

 

インターネットによるクラウドの未来

これまでの説明で、クラウドの大まかな意味が理解できたでしょうか?

実は、これまで提供されてきたインターネット上のサービスの総称が変わっただけではないか、ともいわれているのがクラウドなのです。

個々のサービスは、かなり以前から提供されていましたから、その名称を気にしないで、単に便利だから利用していたのではないでしょうか。

 

世界中のありとあらゆる場所に住んでいる人が、相手の顔さえ知らずに、仕事や趣味で協力できるところが、今後のクラウドの可能性につながる原動力となるでしょう。

もともと、国境のないインターネットの世界が、さらにすすんでいくことにより、将来的には、地球の裏側からやってきた仕事の注文を受けて、クラウド上で、納品と決済をおこなうことが当たり前の時代になりそうです。

 

個人的には、完璧にちかい自動翻訳システムが登場してほしいと思います。

直訳ではなく、細かいニュアンスの表現も含めて伝えることができるシステムがクラウドから提供されれば、ネットワークの存在する場所は、地球上のどこでも、取引先にすることができます。

そうなれば、世界中で問題となっている地域格差などが解消される手助けができるかもしれません。

しかし、商売上のライバルも増えるので、競争もそれだけ厳しくなりそうです。