Wi-Fiと有線どっちが速い? 無線の規格と高速化の方法

Wi-Fi(ワイファイ)を利用したインターネット接続が大変便利で、その速度もグングン上がっています。

ただ、体感速度の点ではどうしても有線ケーブルには負けてしまうのが現状です。

この記事では、実際にはどの程度の速度で通信ができるのか気になる方に、速度の現状と速度アップのヒントになる情報をお伝えします。

Wi-Fiの現状はこんな感じです

現在のWi-Fi(ワイファイ)の通信速度は、電波状況が良い環境で使用すれば、有線ケーブルといい勝負ができる程度の速度まで進歩しています。

ただ、実際は色々な要因により、有線ケーブル程の速度は出ていないのが現状です。

親機・子機の規格違いによる速度制限

まず、利用している無線LANの親機と、パソコン等に内蔵されている子機の両方が、同一の規格に対応していなければ、通信速度のアップが期待できません。

片方の機器のみが最新の規格に対応している場合でも、異なる規格の間で互換性があれば、通信自体は問題なく行えます。

しかし、規格が異なる場合は、通信速度は古い方の規格の最高速にまで落ちてしまいます

 

これまでの無線親機(無線ルータ等)の規格

日本で販売されている無線親機(無線ルータ等)の規格を古い方から順に並べてみます。

  • IEEE 802.11b(「b」):

2.4GHz帯の周波数帯を使用しています。最大リンク速度11Mbpsです。

  • IEEE 802.11g(「g」):

「b」と同様で、2.4GHz帯の周波数帯を使用しています。上の「b」と互換性があります(「b」にのみ対応している機器とも通信可能。)。

最大リンク速度は、54Mbpsです。ただし、「b」を使用しているネットワークでは、最大リンク速度11Mbpsへ低下します。

  • IEEE 802.11a(「a」):

5GHz帯の周波数帯を使用しています。

上の2つの規格よりも高いエリアを使用していますので、「b」「g」とは互換性がありません。

実際の通信速度は同じ環境ならば、「g」よりも早くなります。最大リンク速度は、54Mbpsです。

  • IEEE 802.11n(「n」):

2.4GHz帯又は5GHz帯の周波数帯を使用しています(両方の周波数帯に対応している機器もあります。)。

同時に複数のチャンネルを使って送受信を行いますので、圧倒的に通信速度はアップしました。最大リンク速度は、600Mbpsです。

  • IEEE 802.11ac(「ac」):

「n」を更にスピードアップした規格です。周波数帯は、5GHz帯を使用しています。

高い周波数帯のみを使用して、複数チャンネルで送受信を行い、更なるスピードアップに成功しました。

製品としては、最大リンク速度1.3Gbps( = 1300Mbps)のものが発売されています。

 

なお、共通して出てくる「IEEE」とは、The Institute of Electrical and Electronics Engineers, Inc.アメリカ合衆国に本部を持つ電気工学・電子工学技術の学会)の略称で、無線LAN規格の制定を行っている組織です。

Wi-Fiのマークは貼られて機器は、無線LAN規格の制定を行っている米国電気電子学会が認定しています、と言う意味になります。

Wi-Fiの将来は結構すごいんです!

前章の通信速度を、有線ケーブルの最大リンク速度の100Mbps(または、1000Mbps)と比べてみて下さい。

どれだけ、技術的な進歩があったのかが、一目で分かると思います。

前章の最後に「ac」という規格を、説明しましたが…

この規格の本来の最大リンク速度は、6.9Gbps( = 6900Mbps!!)です!

将来的にはこの規格の最高速を実現する無線親機が発売されるかも知れません。

そうなると、もはや有線ケーブルを使う理由はなくなってくるでしょう。

Wi-Fiの速度を少しでもアップしたい場合の着眼点

周波数帯と無線規格を確認

ヤマダなどの量販店で店員さんに勧められ最新の機器に変えたにも関わらず、いざ繋いでみると速度アップが体感できないことがあります。

これは、記事の冒頭で少し触れたように、使っている機器の無線LANの規格が、機器同士でピッタリあっていない可能性があります。

ここでのポイントは、使用している周波数帯と無線規格の確認です。

例えば、交換して新しくなった無線親機(無線ルータ)の規格が「ac」や「n」でも、使っているパソコン等の規格が「b」や「g」のままでは、インターネットへ接続できることはできても、「b」で最大リンク速度11Mbps、「g」で最大リンク速度54Mbpsという制限は変わりません。

せっかく無線ルータを最新のものに変えるなら、パソコン等に外付けできるタイプ(USBタイプ)の「ac」や「n」に対応した「無線LAN子機」を購入することをおすすめします。

最近の無線親機は、とりあえずインターネットへの接続ができないと購入した人が困るので、基本的に、ほとんど全ての無線LANの規格に対応しています。

そのため、「接続はできるけれども期待したほどの速度アップができなかった」という現象が起こってしまいます。

無線機器の対応周波数帯

最後に、無線ルータの仕様から、その機器がどの周波数帯に対応しているかのヒントをお伝えします。

「11a/b/g/n」対応していると表示されているときは、2.4GHz帯と5GHz帯の両方に対応、「11b/g/n」に対応していると表示されているときは、2.4GHz帯のみに対応しています。

例えば、持っているパソコンに内蔵されている無線LAN子機が「11a」にのみ対応しているときは、「11b/g/n」に対応している無線ルータ等には、接続できません。

Wi-Fiは機器の選び方に注意すれば有線を超える!

大容量のデータを送受信している無線LANの規格は、通信速度の点では、設置場所からの距離等の問題がなければ有線ケーブルの代わりが十分つとまります。

後は、使用している無線LAN用の機器(無線ルータ、パソコン等)の規格が合致すれば、更なる通信速度アップが期待できるということです。

可能であれば、無線ルータ等の無線LAN用の機器を購入する際には、パソコン本体を持っていくか、その仕様が記載された取扱説明書等をお店に持っていくことをおすすめします。

今回購入する無線LAN用の機器の規格と、インターネットへ接続するパソコン等の規格を確認して下さい。

はたして速度アップが期待できる適当な組み合わせになっているかどうかを、店舗の担当者に確認したうえで、新しい機器を購入する方が、間違いないと思います。