スマホでインターネット テザリングとは?

スマートフォン(略して、スマホ)でインターネットを利用していると、パソコンでしかインターネットを利用することができなかった時代がはるか大昔のようです。

 

いまでは、スマートフォンなどの機器でインターネットを利用することが当たり前になっています。

 

現在、一般的に使われているスマートフォンの機能のうち、最も便利な機能のひとつが「テザリング機能」です。

 

 

これは、そのスマートフォンのために備えている高速モバイル通信の機能を他の機器でも利用できるものです。

 

この機能があれば、別の通信端末(パソコン、ゲーム機、タブレット等)を外出先でもインターネットへ接続することができます。

 

テザリングは大変便利で、これさえあれば自宅でも、外出先でも、光回線等の固定の通信回線の契約をする必要がなくなります。

 

最近は、モバイル通信の速度が飛躍的にアップしましたので、その利用価値はますます高まっています。

 

この記事では、スマートフォンを利用したインターネットへの接続に関する情報をわかりやすく紹介しています。

 

 

スマホでインターネットをおこなう意味

 

まずは、スマホの画面を利用して、パソコン等で利用する場合とほとんどかわらない感覚で、インターネットを利用できるところが、ポイントです。

 

ウェブ上のサービスを提供している側も、スマホの小さめの画面に対応している、スマホ用のウェブページへ自動的に切り替える対応をしています。

 

スマホ用の画面に切り替えれば、パソコン用の画面をそのままスマホの画面でみたときのように、文字や各種のボタンが小さすぎて見えないという問題がおこりません。

 

そのため、スマホの画面でも、スムーズな操作ができます。メールチョックや、ブログの更新等の作業であれば、スマホの画面でも十分に対応できると思います。

 

 

スマホの画面では、対応できないような作業をおこなうなら、もってきたノートパソコンを起動して下さい。

 

スマホから飛ばした無線LAN(Wi-Fi)の信号へ接続すれば、インターネットを利用することができます。

 

作業を行い、完成したファイルをすぐに取引先に送信することができます。

 

 

手元にスマホがなければ、別個にモバイル通信の契約をおこなう必要があります。

 

そして、提供されたモバイル・ルータを常に持っている必要がありますが、スマホがあれば、それで足ります。

 

 

スマホでテザリング

 

スマホと、ノートパソコンを接続するには、スマホ側の設定を変更して「テザリング」機能を有効にする必要があります。

 

この機能は、Wi-Fi信号を利用する以外にも、USBケーブルを使用する方法や、Bluetooth(Wi-Fiとは別の無線規格)を利用する方法で利用できる場合もあります。

 

 

パソコン側が無線LAN(Wi-Fi)に対応していなくても、その他の方法でテザリング機能を利用して、場所を選ばないインターネット接続ができれば非常に助かります。

 

なぜならば、現在利用している固定回線が、急に利用できなくなったときに、緊急対応でインターネット接続をおこなうことも可能だからです。

 

いままでは、仕事中に通信回線が止まったときは、それが復帰するまでの間、通信関係の業務はストップしていたわけです。

 

スマホのテザリング機能を利用すれば、高速でモバイル回線を利用することができます。

 

これは、予備的な通信回線としては大変頼もしい存在といえます。

 

スマホの契約をするさいには、オプション料金が必要となるテザリング機能ですが、自宅や会社の作業で、インターネット接続が必要な人には、心強い味方になります(新規の契約であれば、無料で使用できるサービス期間があるようです。)。

 

 

スマホでインターネットは便利で快適

 

スマートフォン自体でのインターネット接続は、大変便利な利用方法です。

 

しかし、外出先でも、自宅とおなじような大きさで業務用の図面をみたり写真をみたりしたいときは、どうしても、もう少し画面の大きなノートパソコン等が必要になります。

 

業務用のウェブページを開き、必要な情報を取り込んで作業をおこない、その結果を、早急に取引先へ送信することを希望します。

 

 

スマートフォンがあれば、簡単にその希望をかなえることができます。

 

これほど便利な機能をもっている通信端末が実現できたのは、やはり利用している人の夢が開発者の後押しをしたからに違いありません。

 

今後も、新しい機能が次々と開発されると思いますが、利用している人の夢をかなえるものであることを願います。

 

 

唯一の不安材料としては、送受信するデータ容量による速度制限です。

 

今後の一般的な利用方法が、このデータ容量をさらに押し上げる方向に向かうことはほぼ確実といえます。

 

その点での制限緩和を当然利用者は望んでいます。

 

速度制限の大幅な緩和が実現すれば、さらに利用者が増えることが確実な、スマホでのインターネット接続です。