無線親機・無線LAN(Wi-Fi)のトラブル事例と解消法

無線LAN(Wi-Fi)の信号を利用する方法でインターネットを利用する人がどんどん増えているのが現状です。

最初の接続には、多少の手間がかかりますが、それも二回目からは、基本的に不要です。

場所を選ばずにインターネットへの接続ができるところと、最近は、通信速度が大幅にアップしたこともあり、ますます利用者が増えています。

 

しかし、通信が急に止まると、少し困ります。空中を飛び回っている信号は、直接、目で確認することができません。

この記事では、無線LAN(Wi-Fi)特有のトラブルの事例と、その対応方法を紹介しています。

一度接続ができなくなると、トラブルの起こりそうな場所が複数あるため、解決を目指すうちに、別のトラブルを起こす可能性もあります。そんな無線環境での通信障害に対応する方法です。

 

無線親機とは?

無線LANの通信障害の話をするには、どうしても無線LAN用の親機(無線ルータ等)の話をする必要があります。

これは、データ通信の信号を無線LAN(Wi-Fi)の信号へ変換して、飛ばすことができる機器です。

それを受信したパソコン等の通信端末が飛ばした信号を再度受けとり、それをもとの信号に復元するという作業を担当している機器です

この機器を購入して、通信会社が設置した機器へ接続することもできますが、最近は、通信会社の設置した機器に、最初からこの無線親機の機能が搭載されているケースもあります。

その機能を使用すれば、別個に無線親機を用意する必要はなくなります。

 

この無線親機にトラブルが発生すれば、無線LAN環境にあるパソコンやゲーム機等は、インターネット等のデータ通信ができなくなります。

しかし、無線親機のみが通信障害の原因になるわけではありません。

通信障害が発生したときは、最初に、そのトラブルがどこで起こっているのかを知る必要があります。

 

無線親機のトラブル事例

最もあるトラブルの一つが、配線の間違いによるものです。

無線親機を、元々設置してあった通信機器と接続するさいに、無線親機の「WAN」又は「INTERNET(インターネット)」と表示のあるポートへ接続すべきところを、「LAN」と表示されたところへケーブルをさしこんでいるパターンです。

これは、正しいWANポートへ接続すれば、問題は解決します。部屋の模様替えや、掃除の際に、配線を外すことにより発生するトラブルです。

 

次に、無線親機には全く問題がない例です。

たとえば、無線親機とパソコンを有線ケーブルで接続すると、インターネットの利用ができるのに、無線LAN(Wi-Fi)での通信ができないケースです。

無線親機の側で設定されている「SSID」「パスワード(暗号キー、KEY)」の二つの情報を参考にして、空中に飛んでいる無線LAN(Wi-Fi)の信号へ接続する手順をおこなっていない可能性があります。

 

無線親機の初期化をしたり、無線親機そのものを交換したりすると起こりやすいトラブルです

 

無線LANに対応した機器には、通常、取扱説明書が付属していますので、配線方法と、初めて無線LANで接続するには、どのような手順をふめば良いかを確認することで、上記のトラブルは防ぐことが可能です。

「SSID」「パスワード(暗号キー、KEY)」については、その機器のどこかに記載したシールが貼っていないでしょうか(なければ、取扱説明書を確認して下さい)

 

無線LAN(Wi-Fi)のトラブルはどうする?

前の章では、無線親機(無線ルータ等)に問題がないケースを紹介しました。

しかし、無線親機に問題が発生している場合は、どうすればよいでしょうか?

まずは、通信に関係している全ての機器の電源をコンセントから抜きます。

 

その後、コンセントにさし直して、しばらく様子をみます。この段階では、現在の配線状態には触らない方で下さい。

配線等に一切触っていないのに、急に通信ができなくなった場合は、使用している機器の電源を入れ直すだけで、通信が復帰する可能性があります。

しかし、それでも改善がないときは、可能であれば、有線ケーブルを使用して、パソコンを無線親機へ接続してみて下さい。

 

有線ケーブルで通信に問題がないのに、無線LANでの接続ができないときは、無線親機を初期化する必要があります。

それでも接続できないときは、その無線親機の故障の可能性が高くなります。

有線ケーブルを無線親機に接続してもインターネットへの接続ができないときは、次に、無線親機の配線を外して、「WAN」ポートへ接続していた有線ケーブルをパソコンのLANポートへ接続します。

 

こうして、一番上流にある通信会社の設置した通信機器へパソコンを接続した状態で通信ができるかを確認して下さい。

この状態でも、通信ができないときは、通信会社が設置した機器の問題である可能性が高くなりますので、通信会社へ対応を依頼して下さい。