無料で高機能な統計ソフト「R」とは?

「タダより、高いものはない。」と言う言葉は、無料だからと何でもかんでも受け取ると、後から思わぬ出費になることもあるのでほどほどにしておきなさい、と、誰かを戒める際に使われます。

確かに、基本料金が無料だからと、契約してみたら、高額なオプション料金の請求を受けてしまった、などどの失敗例はよく聞かれるところです。

しかし、コンピューターの世界では、無料で提供されているソフトウェアの方が、場合によっては有料のものよりも高機能で欠陥が少ないと言うことが、ありえます。

 

唯一の問題は、通常、そのように無料で配布しているものは、有料で購入したものとは異なり、後から不具合が発生しても、基本的に配布した人からサポートを受けることができません。

しかし、インターネット上には、同じソフトウェアを利用している人が、どのような方法で、その問題に対処したのかを公開している場合があります。

そのような情報を、自分で、検索することができるのではあれば、問題はありません。今回、紹介する統計ソフトの「R」も、やはり、無料で配布されている高機能なソフトウェアです。

 

統計ソフト「R」とは?

インターネット上で、無料で配布されている「オープンソース・ソフトウェア」の1つです。

利用の目的としては、統計解析とデータ解析ですが、そのデータ処理の結果を、グラフィックス表示して出力する機能も搭載しています。

そのため、美しいグラフを簡単に作成することが可能です。

専用の言語を勉強する必要はありますが、その能力は有料で提供されている、類似のソフトウェアと比べても劣る部分がほとんどありません。

 

独自の言語は、簡単な文法によるため、習得は容易です。世界中で利用されていることから、インターネット上で、操作方法に関する質問に対する回答が大量に蓄積されています。

プログラムに存在する欠陥の発見と、修復のスピードも、世界中の人が、公開されたプログラムのソース・コードを確認できますので、それだけ早急な対応が可能です。

結局は、オープンソースであることのメリットを最大限に受けることができる状況です。

インターネット上には、日本語で記載された、入門者用のマニュアルなどが、多数、無償で公開されています。

実際のプログラムと、その出力結果もすぐに確認できるため、プログラミング言語の習得には好ましい環境が用意されています。

 

統計ソフト「R」を利用するメリット

これまでは、業務用のプログラムとして、それなりの価格で提供されていたソフトウェアが多少の知識を習得すれば、無料で提供されているものでも十分代用できる、と言うところがオープンソースで提供されているソフトウェアを利用する醍醐味です。

利用している人が少数であれば、その不具合の修復には長時間かかりますが、このソフトのように、世界中で愛用されているものであれば、比較的早い段階で、アップデートが行われる傾向にある点も大きなメリットです。

 

そうなると、お金を出して、有料のソフトウェアを購入するメリットがあるとしたら、唯一、有料で販売したメーカーが、提供するサポート体制に対する信頼感でしょうか?

ソフトウェアを販売している、多くのメーカーがそのプログラムに存在する欠陥の発見と、修復に莫大なコストをかけることによって、その製品の価格を下げることが困難であることは予想できます。

そうなると、世界中の協力者が、無償で、ソフトウェアの修復と、改善に参加しているオープンソースの手法が、将来的には、標準的なソフトウェアの提供形式になる可能性もあるのではないでしょうか?

 

統計ソフト「R」は無料でも高機能

インターネットで「R」を検索するだけで、このソフトに関する大量の情報が出てくると思います。

その中には、実際のプログラム例が、多数用意されていますので、このRのコンソールの中に入力すれば、すぐに計算結果が、グラフィックス化されたものを、パソコンの画面上で確認することが可能です。

数行しかないプログラムに対して、出力される結果が、非常に複雑で細かいことに、驚くのではないでしょうか?

しかも、かなり美しい、グラフィック化された出力結果にも驚かされます。

確かに、ビジネス用の資料などには十分使用できるレベルと言えます。

数千行のプログラムを入力する必要があれば、いくら無料で配布されているソフトウェアであっても、簡単には利用できませんが、そのような心配は必要ないようです。

サンプルのプログラムによる、出力結果を眺めるだけでも楽しめそうです。

そして、これが無料であることの意味が、すこしだけ理解できるようになれば幸いです。

それは「タダほど、素晴らしいものはない。」と言う言葉が、頭の中にインプットされた瞬間です。