NAPT(IPマスカレード)でIPアドレスを有効利用

いわゆる「始末屋」と呼ばれている人にとっては、1つの物を利用して複数の利益を得ることができる仕組みは、かなり魅力的な存在ではないでしょうか?

しかも、1つ分の料金で、複数のサービスを利用できる、となれば更に気になる話となります。

インターネットの世界では、光回線などの契約を1つだけすれば、家庭や、職場などにある複数の通信端末を、同時にインターネットへ接続することが可能です。

同時にインターネットを利用して、それぞれ別のサービスの提供を受けることができる「NAPT(IPマスカレード)」と呼ばれている機能が、一般的なルーターなどの通信機器には搭載されています。

多数の通信端末を利用している人ほど、この機能の恩恵を受けていることになります。

 

NAPTとは?

1つの回線契約によって、通信会社から割当を受けることができる、1つのIPアドレス(グローバルIPアドレス)を、宅内の通信機器を経由することによって、複数のパソコンや、スマートフォンなどの通信端末で同時に利用することができる機能です。

これは、1つだけ取得したグローバルIPアドレスを、通信端末毎に異なるプライベートIPアドレスへ変換することによって可能となります。

 

しかし、それだけではなく、それぞれの端末毎に異なるポート番号を設定します。

更に、インターネット回線へ送信するデータを小分けにしたものである「パケット」にも、端末毎に異なるポート番号を設定します。

これらの端末毎に設定した、IPアドレスと、ポート番号を、通信機器の中に記録することによって、インターネット経由で返信されてきたデータが、どの端末からのリクエストによるものかを判断することが可能となります。

 

NAPT利用のメリット

初期のインターネットの利用方法では、1つの利用契約に対して同時に接続できる端末は1台であることが通常でした。

しかし、その後のパソコンの普及によって、1つの家庭に複数の端末が存在している状況が一般的になりました。

通信会社の設置しているモデムなどの機器に、HUBなどの機器を取り付けることで、複数の端末を接続できるようにする方法によって現在のような同時利用がはじまりました。

そして、現在では、複数の端末の接続を可能とする機能が最初から搭載された機器が、回線契約と同時に設置される形態が一般的です。

 

回線の利用料金に関しても、当初は、接続する台数によって、増加するような契約もありましたが、現在では、接続台数が増えても料金には影響しないものが一般的です。

1度に接続できる台数に付いても、契約者の負担で用意したルーターなどの通信機器を利用すれば、特に接続台数を制限しないものが通常です。

しかし、NAPT機能を搭載していないHUBを経由した場合には、台数制限を行う場合もあるようです。

現在のように、通信速度が非常に高速化された状況では、複数の端末を同時に利用しても通信速度の低下を体感する可能性はかなり低いと言えます。

 

NAPTはすでに当たり目の存在

現在のインターネット環境においては、その存在が当然と思われているようです。

それだけ、通信端末の普及が進んだ結果、とも言えます。

もしも、この機能がなくなれば、通信会社にとっては、臨時ボーナスを出すほどの増収になると思われますが、逆に通信端末を利用する人が激減することになりそうです。

リアルタイムで通信を行う手段が唯一電話のみであった時代には、家庭内で同時に複数の通信端末が利用されるような環境は予想もできませんでした。

 

新しい機能の開発と、通信会社同士の激しい競争によって、一人あたりの通信費用が激減しました。

それが、現在のようにどこにいても連絡が取れる、逆に言えば、どこにも逃げる場所のない環境を構築することになった要因の1つです。

便利であると同時に、完全に一人になれる空間を失ってしまった、と感じる人も多数存在するのではないでしょうか?

こうなると、本当に一人になれる空間は、宇宙空間くらいしか残っていないかも知れません。

もちろん、将来的には、宇宙空間であっても、地球を含んだ大規模ネットワークの一部となることは確実です。

そうなると、今度は、4次元の世界あたりに一人で逃げこんでノンビリと息抜きをする必要があるかも知れません。