そもそもインターネットってなに?

毎日のように耳にする「インターネット」という単語。今の地球は、この仕組みを中心にして、回っているようです。

人類の進歩にも必要なツールであるインターネットは、一体どのような存在なのでしょうか?

この記事では、インターネットの存在している意味と、そのおおまかな仕組みを解説しています。

 

インターネットの将来と、その可能性についても、書いています。単なる個人間でおこなう通信の一手段であったはずが、いつのまにか地球上のすみずみまで、その網の目をひろげたインターネットです。

初期の段階では、一部のパソコン利用者のみが、その恩恵を受けていたインターネットですが、時代は変わりました。

現在では、インターネット回線を利用できるサービスが低額で提供され、パソコン等の安価な接続端末も販売されています。

おまけに、スマートフォンと呼ばれる携帯電話とインターネットへ接続できる機能が合体したような機器も存在します。ますます、その可能性が高まっているインターネットです。

 

インターネットの概要

「インターネット」という言葉の意味するものは、もともと複数のネットワーク(通信をやりとりするつながり)を、一定の通信規格で接続した、さらに規模の大きなネットワーク(インターネットワーク)を意味するものでした。

しかし、現在では、インターネットというと、我々が毎日のように利用している特定の世界的規模のネットワークを意味する場合が、ほとんどです。

このような世界的規模のネットワークにとって重要なポイントとしては、お互いのネットワークを相互利用するために、同じ通信規格を使用する必要があるということです。

 

現在の通信規格(インターネット・プロトコル)としては、TCP、UDP、HTTP、NNTP、IRC、FTP等の多くのプロトコルが使用されています。

上記のプロトコルは、世界的規模で利用されているインターネット(THE INTERNETとも呼ばれます。)だけではなく、企業内や学校内のように閉鎖された狭い空間のみで利用されているLAN(ローカル・エリア・ネットワーク)の環境でも使用されています。

このような特定のエリアでインターネットのプロトコルを使用しているネットワークの形態を「イントラネット」と呼びます。

 

インターネットの仕組み

インターネットを利用するには、どこの通信端末(パソコン等)とデータのやり取りをおこなうのかがわからないと困ります。

それを確定するのが「IPアドレス」です。簡単に説明すると、すべての端末ごとに、数字を使って固有の番号を決めてしまいます。

 

固有の番号を決めてしまえば、その端末がどこに移動しても、かまいません。

実際には、パソコン等の機器の前に設置された通信機器(回線業者が提供したモデム等)に固有のIPアドレスを設定する方式が一般的です。

その機器に複数のパソコン等が接続されているときは、その通信機器が、さらに別のIPアドレスをそれぞれの端末に設定して通信相手を識別しています。

 

どちらにしても、世界中のどこにいっても、その場所にあるインターネット回線を利用して、情報の送受信ができるということです。

当初は、テキストデータ(文字情報)のみを送る程度の利用方法でしたが、その後の通信速度の飛躍的な向上により、高画質の写真や、動画、その他の大容量データを送ることも可能になりました。

それにともない、インターネットへ接続する手段も、電話回線を利用したダイアルアップから、現在の光ファイバーを利用したサービスへと進歩を重ねてきました。

 

インターネットの将来

現在進行中の話としては、メーカー製の新しいプログラムを利用する方法がかわりつつあります。

これまでは使用しているパソコンごとに新しいプログラムのインストールが必要でしたが、インターネットの特定のページをひらくだけで利用できる形態が一般化しつつあります。

 

この方法であれば、そのプログラムの不具合を改善するために、パソコン等でアップデートを行う必要がなくなります。常に、最新のプログラムを利用することができます。

ほとんどのディスクワークが自宅でも対応できるため、パソコン等の情報端末が1台あれば、どこでも仕事ができる形態は、すでに一般化されています。

 

それをさらにすすめれば、取引先の開拓、提案、契約、納品、集金を含めた全ての手順を自宅でおこなう形態が一般化することが予想されます。

取引先の担当者と顔をあわせる必要すらなくなります。ただし、納品後の代金支払を担保する仕組みが必要になります。

その他、高速になったインターネットだからこそできるサービスとしては、高画質の動画配信や大容量のデータ通信は、これまで以上に利用されるようになると思われます。

 

すでにインターネット専門の放送をおこなうサービスは一般的ですが、老舗のテレビ局をこえるような規模のインターネット放送局が誕生する可能性もあるのではないでしょうか?普通の放送局とちがい、対象とするのは世界中の視聴者となります。