Duet Display(デュエット・ディスプレイ)でiPadを操作の遅延なしで2つ目のモニターに!

どんなに大きなディスプレイでパソコンを利用している人でも、もう少しだけ画面が広がればいいのに、と感じる瞬間があると思います。

もちろん、もう一台ディスプレイを購入して、同時に2台を利用すればそれで問題は解決します。

しかし、それなりの費用がかかりますし一時的に必要になるだけなので、設置する場所が無駄になるとも思えます。

そこで登場するのが、これらの欠点を補うため、iPadやiPhoneを2台目のディスプレイとして利用する手法です。

 

すでに、複数のアプリによって、Macintoshの画面を同じネットワークに接続したiOS端末の画面でも表示する機能は実現されています。

しかし、Wi-Fi環境を経由して、接続することによって、その電波環境に応じた、画面操作の遅延が発生するのが通常です。

iOS端末で頻繁に操作を行う際には、できるだけ、そのような操作の遅延は避けたいところです。

それを可能とするアプリがApp Storeにおいて、1500円で提供されている「Duet Display(デュエット・ディスプレイ)」です。

 

Duet Displayとは?

iPadやiPhoneを付属のUSBケーブルで、Macintoshと接続した後でこのアプリを起動すると、Macintoshの2台目のディスプレイとして、iOS端末の画面を有効に利用することが可能となります。

同時に、iOS端末の充電ができますので、非常に無駄のない接続形態と言えます。

しかし、一番のメリットは、Macintoshで行った操作と接続したiOS端末の画面の表示に遅延が発生しにくいことです。

全く遅延が発生しない訳ではありませんが、少なくとも、他の類似したアプリのようにWi-Fi環境を利用していない分だけ操作性は向上します。

 

遅延の発生によっても、あまり作業に支障がない利用目的であれば、特にこのアプリを選択する必要はないと思います。

同時に、2台以上のiOS端末をディスプレイとして利用する機能はまだ搭載されていませんので、Macintoshと含めて、3台以上のディスプレイを必要とする人は、Wi-Fi環境を経由して接続するタイプのアプリ(Air Display 2)などを、選択する方法もあります。

なお、3台以上のディスプレイに対応する機能は、Duet Displayにおいても、今後の対応が予定されています。

また、Windows OSを利用している、パソコンの2台目のディスプレイとして、iOS端末を利用できる機能の搭載も今後予定されています。

 

Duet Displayの特徴は?

Wi-Fi環境を利用する方法を採用しているアプリが、多数を占める現在の状況に対して、操作の遅延の防止、と言う目的のために、あえて有線ケーブル(USB)を利用する、と言う判断を行った点がこのアプリの特徴です。

実際には、充電のために、一日中、USBケーブルを接続している人も、いると思いますので、あまり負担に感じることもないと思います。

それよりも、2台目のディスプレイとしての操作性の方を選択する人が多数に上るのではないでしょうか?

 

例えば、画像処理を行うフォトショプなどのように、画面をできるだけ有効に使用して作業画面を大きく表示したいのであれば、iPhoneの画面に作業ツールのパレットを置くことで、更にMacintoshの画面を有効に利用することが可能です。

その他にも、通常の作業以外に、例えば、株式投資などを同時に行っている人であれば、リアルタイムに表示される株価ボードなどを、2台目のディスプレイに、常時表示しておけば、一台のディスプレイで、何度も画面を切り替えて売買のタイミングを図る必要がなくなります。

 

Duet Displayは買いですか?

以上のように、日頃からMacintoshを利用して、複数の情報を確認する必要がある人には、最適な選択とも思えるこのアプリです。

もう少し待って、2台以上のiOSデバイスを追加できるようになるまで待つ、と言うのも良い選択だと思います。

これまでに、iPhoneや、iPadの機種変更を、何度か行った結果として、全く利用していないiOS端末が手元にある人ほど、このようなアプリに、どれだけの価値があるかを、容易に理解することができるのではないでしょうか?

今後も、使わなくなった端末を、有効利用するアプリの開発が望まれます。

これらの端末は、機能的には、まだまだ現役で利用できるだけのスペックを持っていますので使わない手はありません。