ワイヤレスでも使用できる音楽用鍵盤「C.24」登場

すでに音楽の演奏や制作の分野でも、当たり前のように利用されている、iPhoneやiPadなどのiOSデバイスです。

しかし、鍵盤楽器として利用する際には、その画面に、鍵盤を仮想的に表示する程度のアプリがいくつか存在していましたが、実際に現物の鍵盤を接続することは簡単ではありませんでした。

USBに対応した一部の鍵盤をiOSデバイスに接続することは可能でしたが、気軽に持ち運ぶようなものではありませんし、Wi-Fi環境を経由して接続することはできませんでした。

 

今回、SoftBank C&S(ソフトバンク コマース&サービス)社が販売を開始したのは、iOSデバイスで利用できる鍵盤ですが、初めて近距離の無線接続技術である「Bluetooth(ブルートゥース)」を利用しています。

鍵盤で演奏することのよって作成されるMIDIデータ(電子楽器の演奏情報をデータ化したもの)を、鍵盤から、iOSデバイスへ飛ばすことが可能となっています。

しかも、iPadとの組み合わせであれば、ちょうどそのカバーのようになって画面を保護できるデザインとなっています。

iPadを保護するカバーでありながら、ボタンを押すと、鍵盤が現れる仕組みとなっています。

このMiselu(ミセル)社製の「C.24」と呼ばれている鍵盤は、これまでの同種の鍵盤とは明らかに別次元の世界を演出しているようです。

 

音楽用鍵盤 C.24とは?

見た目は、iPadのカバーにしか見えない製品ですが、実際に、iPadのカバーとしての役目も、立派に果たすことができます。

しかし、プッシュボタンを押すと一瞬で24鍵のミニ鍵盤の姿に変わります。

この手の鍵盤では一般的である、バネを利用した方法ではなく、磁石の反発力を利用して鍵盤を浮かしています。

しかも、各鍵盤の下に、鍵盤を、どの程度の力で弾いたかを検知するセンサーを搭載しています。

そのため、単に鍵盤を押したかどうかと言うような基本的な情報だけではなく、どの程度の力でどの鍵盤を押したのか、と言うような情報までiOSデバイスへ伝えることが可能です。

 

カバーから、音楽演奏用の鍵盤になると、今度は、iPadが、譜面立てとして演奏を助けることになります。

その他に、ピアノでは一般的な機能である「サスティン(音を持続させる効果)」を切り替える機能も搭載しています。

iOSデバイスとの接続は、すでに説明したBluetooth以外にも、MicroUSB端子から、専用のアダプタを経由して有線接続で行う方法も利用することができます。

今回紹介した製品は、SoftBank C&Sのオンラインショップでは、24800円(税込)で販売されています。

 

音楽用鍵盤 C.24の発想

24鍵で、2オクターブの音域ですが、側面のセンサーによって、最大9オクターブまで、音域を拡大する機能を搭載しています。

この鍵盤を複数用意すれば、最大で、4台の鍵盤を連結することも可能です。

4台を接続すれば、合計96鍵、8オクターブまでをカバーします。

これだけ音域が広くなれば、ピアノの音域を楽に超えることになります。

対応しているiOS用の音楽アプリは、現在でもすでに350以上に上るそうです。

鍵盤自体の駆動には、内蔵されたバッテリーを利用します。

連続して、20時間程度の演奏が可能ですので、一般的な使用方法であれば十分に利用できる仕様です。

 

この製品の設計思想としては、とにかく全ての要素を、完全に満たすことを念頭においているように感じます。

移動中はiPadのカバーとして、その保護に役立ち、いざ演奏、という段階になれば、プッシュボタンを押すだけで、すぐに高性能な鍵盤が登場します。

しかも、最大で4台を結合できる点などは、現代のように、何でもとりあえずコンパクト化する、と言うような流れを反映しています。

しかし、それだけではなく、ユーザーの希望によって、好きなように拡張できる、と言う懐の広さを持っています。

 

音楽用鍵盤 C.24の示す音楽ツールの姿

この製品は、iPadだけではなく、iPhoneや、同じApple社のパソコン製品であるMacintoshとも、有線、無線のどちらの方法でも接続が可能です。

今後の目標としては、Android OSや、Windows OSを搭載した端末との接続や、ゲーム機、カラオケ用の機器とも、接続できるようにすることを挙げています。

すでに、各分野のメーカーと、話を進めているとのことです。

まだまだ、発売開始直後であり全ての拡張性を発揮する段階ではありませんが、今後も、更に高度な利用方法を追求することは確実と言えます。

それだけの可能性を秘めた設計に基づいた製品である、と感じられます。