インターネット回線の色々お教えします

この記事では、インターネット回線のそれぞれの特徴と、どのような状況での利用に適しているかを紹介しています。

料金と実際に受けるサービスが釣り合わないときは、他のインターネット回線へ切り替える必要があると思います。その判断材料になれば幸いです。

 

インターネットは目的や場所によって適切なものを選択する

インターネットをある程度の期間利用している人であれば、その回線が何種類か存在していることを知っていると思います。

その回線の種類によって、それぞれ特徴があります。その特徴により、これまで何度か利用するインターネット回線の契約を変えてきたのではないでしょうか?

利用する目的や、場所によって回線を使い分けることにより、その特徴を生かしていれば、料金を払う意味もあります。

 

しかし、利用目的と合わない回線を利用しているならば、無駄なお金を払っていることになります。

必要としている以上の通信速度のために、毎月の料金を多めに払ってはいないでしょうか。

 

インターネット回線は色々あります。

初期のインターネット用回線としては、一般の電話回線を利用する「ダイヤルアップ」という方式が使われていました。

現在でも、そのサービスを利用することは可能です。しかし、通信速度の点で、圧倒的に不利な方式となります。

 

次に、同じ電話回線を利用する方法でも、ダイヤルアップよりもはるかに早い通信速度が実現できる「ADSL(エー・ディー・エス・エル)」がインターネット回線の主流となりました。

マンション等の集合住宅では、同じ理論を利用して高速の通信速度を実現した「VDSL(ブイ・ディー・エス・エル)」という方式が利用されています。

その後、ADSL以上の高速通信を実現できる光ファイバーを利用した「FTTH(エフ・ティー・ティー・エイチ)」と場所を選ばないでインターネットのへの接続ができる「モバイル通信」が一般的な利用回線となり、現在にいたっています。

 

インターネット回線それぞれの特徴は?

電話回線があれば、基本的にどこでも利用できるダイヤルアップは、もっとも広い範囲をカバーできる通信方式です。

しかし、通信速度の点では、全く満足できないレベルとなります。ADSLは、同じように電話回線を利用しながらも、同時に音声による通話を利用できる点が特徴です。

しかも、通常は、ダイヤルアップの数十倍の通信速度が期待できます。

 

しかし、本来は音声通話のために敷設されている一般の電話線を利用して大容量のデータを送信するため、各地域に設置されている電話会社の基地局(中継所)から利用場所に設置されたADSモデムまでの距離が一定以上の長距離になると、周辺のノイズ等の影響で、その通信速度が急激に低下する点がADSLの問題点です。

最も条件の良い場所と、そうでない場所では、その速度差が、十倍以上になることさえあります

 

通信速度と、その安定性の面では、今のところ光ファイバーを使った通信が最も有利です。

以前は、一般家庭で利用するには、その高額な料金が問題でした。しかし、最近では、低額化が進みましたので、料金の面で悩む必要はなくなりました。

最近では、通信速度はそこそこですが、基本的に、場所を選ばずに利用できるモバイル通信の利用者が増えつつあります。

 

インターネット回線の今後

前の章で、モバイル通信のことを「通信速度はそこそこ」と書きましたが、今後の技術革新により、現在の数倍以上の速度アップが実現できることが確実となっています。

そのような時代がくると、当然のように、モバイル通信を利用する人がさらに増えることが予想されます。

最近のスマートフォンと呼ばれている携帯電話には、それ自体をモバイル通信用のルータへ切り替える機能すら搭載されています。

 

現在の一般的な例ですと、外出先ではモバイル通信を利用して、帰宅後は、光ファイバー(又はADSL等)による高速通信を利用するかたちが一般的です。

しかし、このかたちも変わっていくものと思われます。同じ、モバイル通信用の機器をどこでも利用する方が便利だからです。

 

しかし、モバイル通信を契約する際の注意としては、利用場所がモバイル通信のエリアに含まれていることを確認する必要がある点でしょうか。

インターネットの利用にかかる費用からも、モバイル通信のみを利用した方が、圧倒的に有利です。インターネットの利用目的が、ブログ等のウェブページと、メールの確認に限定されている場合は、自宅に固定の回線を持っている必要がありません。

今後は、仕事等で高速のインターネット回線が必要な人は、光回線を利用するものの、そうでない人はモバイル通信で全てのデータ通信をおこなう状況が普通になると思われます。