MVNO業界初!電話かけ放題を含めた新プランを計画中の「NifMo」

未だに格安SIMサービスを導入していないユーザーにとって、気になるニュースがありました。

それは、とうとう定額での音声通話を可能とするサービスが、今年の秋頃にはスタートするという気になるニュースです。

これまでもユニークなサービスを提供してきたNifMoによって、格安SIMサービスの世界が大きく変わりそうな予感が。それほど重要なサービスとなる定額の音声通話以外にも、2つの新サービスの開始を予定しているNifMoは、要注意の存在です。

NifMoによる新プランとは?

開始時期を当初の6月から9月に変更したNifMoのIP電話を利用した「電話かけ放題(NifMoでんわ)」。

これ以外にも7月下旬を開始予定としているNifMoバリュープログラムを経由した「食べ放題」。今年の夏に開始予定の「印刷し放題(NifMoプリント)」などの3つの新プランを計画。

ISPとして実績のあるニフティ社が運営している格安SIMサービスのNifMo。これまでも競業他社にはないユニークなサービスで人気を獲得してきました。そして次に挑戦するのは、未だにどのMVNOでも実現していない音声通話かけ放題というサービス。

これまで割高な通話料金(ほぼ30秒20円、税抜)のために、MVNOのサービスを遠慮していたユーザーには、非常に魅力的なサービスとなるでしょう。料金設定としては、ドコモなどの通信キャリアが設定している定額料金の半額程度を想定しているようです。

NifMo、電話かけ放題以外の独自性とは?

これまでも特定のアプリをダウンロードしたり、提携ショップでの買い物をしたりすれば、それに応じて利用料金の割引を行っていたNifMo。ユーザーによっては、毎月の利用料金を負担しなくて済むほどの割引を受けている人も。

今回、そのNifMoバリュープログラムの延長線上の新企画として、特定の飲食店のモニターに応募すれば、その店舗での食事代金の一部が還元される「食べ放題」サービスの提供を発表。さらに専用のカメラアプリで撮影した写真を、自動的にクラウド上へアップロード。保存された写真データは希望すればプリントされて届けられます。それが送料込みの定額料金で利用できる「プリント放題」と命名された新サービスです。

NifMoによる電話かけ放題のスタートで何が変わる?

IP電話とはいえ、やはり電話かけ放題という新サービスには大きな魅力を感じるところです。仕事などで常に音声通話を利用している人にとっては、これで格安SIMカードを選択しない理由がほぼ消滅するわけです。

それほど魅力的な電話かけ放題には、他のMVNOもこれから挑戦すると思われます。最終的にはデータ通信だけではなく、音声通話も格安で利用できるSIMサービスが一般的になれば、月額料金の面での競争も激化するでしょう。

それにしても実質的には無料でSIMサービスを利用できる「NifMo バリュープログラム」のようなアイデアには驚かされます。将来的には広告の表示などを許せば、完全に無料で利用できるSIMサービスの登場さえ予想させるものです。