空中にでも絵が描けるペン型3Dプリンター「3Doodler」の可能性

頭に描いたアート作品が空中に制作できたらという希望は、誰でも一度くらいは持つものでは?ほぼ自動化された最近の3Dプリンターであれば、その希望を実現できる段階まで進歩しています。

ところが自分の手に持ったペン状の機器から、空中に直接作品を創りだすことができる製品が存在します。立体的な作品を直接空中に創りだせる「3Doodler」とは?

3Doodlerによるアート作品とは?

ペン型のこの製品さえあれば、気軽に3Dの立体的な作品を生みだすことができます。それが米国のWobbleWorks社が開発した3Doodler(スリードゥードゥラー)。日本ではナカバヤシ社から販売されています。

最新の「3Doodler2.0」が付属品(ACアダプタ、材料の樹脂)とセットになって、1万5000円前後で提供されているこの製品には、大きな可能性が感じられます。一般的な3Dプリンターよりも、かなり低額の価格設定であること、及び簡単に3D作品を制作できることから、気軽に購入できるのが3Doodlerの特徴。

感覚的には、ちょうど空中に絵を描くようにペン先を動かします。するとペン先の動きに応じて立体的な作品ができあがります。

ペン先から飛び出すのは熱によって溶けた樹脂であり、その材料をペンの後ろから押しこむだけで準備完了。あとはペンの前方についている二種類のボタン(樹脂が飛び出す速度によって2つあり。)を上手く使い分けて、望みの形に仕上げます。

3Doodlerは立体データも特殊なソフトも不要

もともとは米国のKickstarterで、約2億4000万円の資金を集めることに成功したことで製品化された3Doodler。

それだけこの製品の可能性を信じる人が多かったということでしょう。これほどコンパクト化された3Dプリント機器は、なかなか見つけることができません。

ペン先から飛び出した樹脂は、冷えればすぐに固まる性質のものです。樹脂の材料の色も複数用意されていますから、カラフルな作品の制作も簡単です。最初に紹介したセット販売されている本製品を購入すれば、材料となる樹脂も20本届きます。

3Doodlerの公式サイトには、この製品を利用して作成された多数の作品が公開されています。どれも素晴らしい作品であり、この製品の高い可能性を実証できるようなものばかりです。最新の「2.0」という製品になって、かなりスリムな形状になった3Doodler。ひとつ前の製品の半分の重さになったため、長時間の使用にも対応できます。

3Doodler 公式サイト http://the3doodler.jp

3Doodler、気軽に実現できる3Dワールド

自動化された一般的な3Dプリンターでは、3Dデータに基づいてほぼ自動的に作品を出力。それに比べると、3Doodlerは先祖還りしたような印象を受けてしまいます。ただしそれだけ製作者の考えた独自の世界を表現しやすいという一面も。

正式にプレゼンするまえに制作して、ひとまず製品全体のデザインを相手に伝える際にも有効利用できそうな製品です。そして世界にひとつしかない3D作品を制作できるツールにもなります。作り手の創造力を大いにかき立てるような性質を持っている3Doodlerは、自分独自のアート作品を制作する人の頼れる味方です。